レトロビルの地下、アノ名優も訪れた聖地的純喫茶

2018/5/12 11:00 レモン糖の日々 レモン糖の日々

まるで帽子を被った紳士のようなビル(築60年ほど!)の地下に、あの名優も訪れた喫茶店があります。



“古いビルの地下へ下りる”という緊張を和らげてくれる看板。



ブルーの椅子に白い電話ボックスが印象的。



店内に電話ボックスのある喫茶店には時々出会うのですが、今も現役で電話が使える喫茶店は珍しい。



ところで、冒頭の名優とは故・大杉漣さん。さらには笹野高史さん。最近では松井玲奈さん、オードリーの若林さんなど。

ここ「ブーケ」は映画などの撮影に時々使われるそうで、そのたびに有名人が訪れるそうなのですが、サイン色紙が一枚も飾られていません。そんな気骨に映画に使いたいと思わせる魅力があるのかもしれません。





ひっそりとした雰囲気の中、まだ見ぬ映画の世界に浸りながらクリームソーダを飲んでみました。



それにしても、映画のロケハンの人ってすごい。どうやってこの隠れた名店を見つけるのでしょう。。
私はといえば、バスの窓から見えた看板がきっかけ。



マスター業に携わり40年というマスターが、22年ほど前に引き継いだ「ブーケ」。名前の由来は近くに結婚式場があったことから、マスターが名付けました。

地下鉄の「東別院駅」から歩いておよそ5分。好きな有名人と同じ席に座ったり、映画のエピソードを伺ったりしながら「ブーケ」で休んで、大須方面に歩いて散策するのも楽しそうですよ。




レモン糖度 85

ブーケ 名古屋市中区富士見町9-14
7時~18時
土、第二日休



次回もお楽しみに。


《関連リンク》

レモン糖の日々 記事一覧

ツイッターを始めました @lemonsugar17 レモン糖の日々
フェイスブックを始めました Lemon Sugar
フォローしてくださるとうれしいです。