おじさん受けするパリコレモデルはレア? 新井宏昌の娘の新井貴子とその美人姉妹

2018/3/29 14:00 星野小春 星野小春




ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(TBS系)に、元プロ野球選手の新井宏昌を父に持つパリコレモデルの新井貴子(27)が登場し注目を集めている。



新井貴子は1990年生まれの27歳。身長は177cmで大阪体育大学出身の体育会系。2017年には「世界のニューカマーのモデル15人」にも選ばれた遅咲きの国際派モデルだ。



2012年に『ミス日本コンテスト』グランプリに選ばれた際は、2011年に同大会で『ミス着物』を受賞した実姉の新井寿枝とともに「美人姉妹」としても話題になった。



2013年にシンガポールに渡り、パリコレクションを目指し国際的にモデル活動を開始。



2018年春夏シーズンには『CALVIN KLEIN』のショーに登場し脚光を浴び、『GIVENCHY』、『PRADA』など名だたるブランドのランウェイを歩き快進撃を続けている。



一般的にパリコレに登場する日本人モデルというと、長身で美しいスタイルを持っているがオリエンタルな個性が際立ちすぎて男性より女性人気が高い傾向がある。



新井も涼やかな瞳やクールな顔立ちは欧米受けする「アジア顔」であるものの、かっこよさの中に日本の「おじさん」にも支持される繊細な「愛らしさ」も併せ持っている。



そんな新井貴子の姉、新井寿枝は現在画家としても活躍中だ。 こちらは、『ミス着物』という賞を受賞しただけあって、より親しみやすい楚々とした美貌の持ち主だ。



国際的に評価が高そうな海外受けするスタイルや雰囲気を持つのは末っ子の貴子だが、姉の寿枝は169cmと妹よりは小柄な「日本のモデル」体型で女子アナウンサー風の清楚さ。個性は違うもののどちらも美しく父親自慢の娘であることは間違いない。



ちなみに、長女新井寿枝と三女新井貴子に挟まれた次女もかわいらしい。



女子アナ系の姉とファッションモデルの妹に挟まれた「小柄で普通っぽいかわいい子」は、アイドル風でモテ度は一番高いかもしれない。



アジア風の楚々としたクールな美貌と欧米受けする長身を持ち、どこか韓流女優のような雰囲気の新井姉妹。



芸能界の三姉妹というと、香里奈、えれな、能世あんなのモデル三姉妹や、道端カレン、道端ジェシカ、道端アンジェリカのハーフ三姉妹が有名だ。どちらも日本女子好みのギャル風の姉妹だが、「海外受け」と「おじさん受け」を併せ持つ稀有の存在の新井貴子と、楚々として知的な「新井三姉妹」の活躍からも今後も目が話せない。

(星野小春)