本番中ネタが飛んじゃった!?オーディションのライブ感とカズレーザーに漂う貫禄

2018/3/23 12:41 はやしちひろ はやしちひろ




3月21日(水)に、新番組「青春高校3年C組」(テレビ東京系)のレギュラーの座を狙う若手芸人のオーディションが開催されました。

「テレビでネタ飛ぶのとか見たことないから新鮮でおもしろかった」「(ノブナガの)マネージャーさんはこのネタ好きじゃないよね(笑)」など、ネット上の生配信だからこそのハプニングや、微妙な軋轢も聞けちゃったりした今回のオーディション。
地上波での”完成形”を見る前に、制作過程を見られる企画はたまに出るリアルが面白い。

MCは、バイキング小峠、メイプル超合金カズレーザー、三四郎、NGT48中井りかが務め、審査員は、佐久間プロデューサーを始めとする制作委員の方々5名。オーディションの一部始終がSHOWROOMやYouTubeなどで生配信されました。

カズさんの言葉を借りると”腐るほど金を持ってるでお馴染みの”SHOWROOM代表 前田さんや、制作者の秋元康さんもライブ配信を見ているということで、一同興奮。


落胆する若手芸人に 小宮「誰かハーブティー持ってきて」

結果、最終審査へ進んだのは、東京ホテイソン、卯月、ノブナガ、宮下草薙、きしたかの、の5組。10代の若い層にウケるような、かつ、いじりやすい芸人さんが選ばれた気がします。

宮下草薙は緊張からか、途中で完全にネタが飛ぶというハプニングが!フェイクではなく心の底から飛んでしまったようで、結局最後まで思い出せず強制終了になってしまいました(笑)。

MCは、彼らの落ち込んでいる様子を見て、
小峠「ゆっくり思い出しな」
小宮「誰かハーブティー持ってきて」
カズ「(Twitterで励ましのコメントを見て)若い子優しいですからね。できない所に関しても共感とかあるかもしれないですね」
と、口々にフォローしていました。

また、ノブナガに関しては、元々太田プロ内部のオーディションに漏れて、解雇の危機に晒されていたようですが、佐久間プロデューサーにネタを見てもらうよう直接メッセージを送り、必死の訴えで出場を決めたそうです。カズさんの「でも、(ノブナガの)マネージャーさんはこのネタ好きじゃないよね(笑)」のコメントがリアルで生々しい(笑)。


MCらしいカズレーザーの貫禄

以前、「アメトーク 芸人体当たりマン決定戦」で、カズさんが現場のエピソードを話していたことがありました。「ぐるぐるバット相撲」という競技で、カズさんvs澤部さんの対決が、開始3秒で澤部さんが転んで即終了。「(早朝収録の一発目だったので)スタッフも「おお、マジかよ。これ今日1日続くのか?」って感じでした」と、裏エピソードを聞けるのは面白い。

今回のライブ配信も、セリフが飛んでしまったり、実は前回のオーディションで落ちていたけどごり押しで出場したコンビがいたり、地上波の番組として完成される前のプロセスが見えるのは面白かったです。

ちなみに、「(相方に)めちゃくちゃ怒られたんで次は絶対飛ばさないです」とコメントする宮下草薙に、「当たり前のこと言うんじゃねぇよ(ニコニコ笑顔)」とツッコむカズさんに嬉しい貫禄を感じました。M-1で決勝進出に進んだ2015年まではオーディションを受ける側だったのが今回は審査をする側に。出だしの頃から落ち着いていた印象ですが、ここ数年で冠番組や帯番組のMCを務める機会も増え、一気に貫禄が増した感があります。


10代の子と秋元康さんに嫌われたくない

4月2日スタートの当番組は、マンガやドラマに出てくるような「理想のクラス」を作る番組。メイプル超合金は毎週月曜日に「担任」として登場するようです♪カズさんとなつさんお2人でMCをされるのもファンにとっては嬉しいポイント。

“自分が10代だった頃、30代、40代の大人って一番嫌いだったんで嫌われないようにしたいですね。それ以上に秋元康さんに嫌われたくないですね。(カズレーザー)”
“秋元さん佐久間さんという、発掘のプロの最強タッグ番組に、10代の子達と自分たちがやらせて頂けるなんて嬉しいです。何が起こるか未知数、しかも生放送ということで緊張しちゃいますが宜しくお願いいたします!(安藤なつ)”
(「TV TOKYO 3年C組青春高校 この教室を埋めるのは、あなた」より引用)

次回最終オーディションの放送は、3月29日(木)の深夜0:12~地上波で放送予定。
メイプル超合金と、どの芸人さんが絡むことになるのか楽しみです。