絶対強い! エミネムの娘のヘイリー22歳は「威圧系の超絶美女」だった

2018/2/8 13:15 星野小春 星野小春




ラッパー、エミネム(44歳)の娘のヘイリー・ジェイド(22)が、父親似の迫力の美貌と「バキバキの腹筋」を持つ肉体美で注目されている。



ミシガン州立大学に通う学生のヘイリー・ジェイドは、1995年にエミネムとキンバリー・アン・スコットの間に生まれた22歳。エミネムと学生時代から交際していた元妻のキンバリーは「糟糠の妻」とも言える存在で、彼と復縁と破局を繰り返し現在は別れているものの、娘の親権は共同で持っている。



貧しいシングルマザーに育てられたエミネムは「娘には自分のような不安定で貧しい暮らしはさせたくない」という考えを持つ責任感が強い父親だと言われている。一方で、女性に対しては冷酷であるとも伝えられているが、自身とそっくりな顔立ちも愛娘は溺愛しているとのこと。



ゴージャスな正統派美女ながら、「絶対強い…」と確信させられる迫力を持つヘイリー。その腹筋は見事に割れており、ボディはスレンダーながらバキバキの筋肉質。くっきり彫りが深く濃い顔立ちも相まって、「迫りくる」威圧感は一度見たら忘れられない。



「まだ22歳の女の子」とはにわかに信じられないワイルドなセクシーさを持つ彼女。均整の取れた硬質な美貌は彫刻の女神風。



「舞台女優は顔が大きくはっきりした美形が重宝される。表情が伝わりやすくて迫力があることは大事」とは日本でよく聞く言葉だが、まさにヘイリーは舞台女優向きの顔立ち。ハンサムなBFとのツーショット写真でも貫禄すら感じる佇まいが大人っぽい。セクシーなドレスは日本では叶姉妹が着そうな露出度だが、バストの大きな褐色の肌にマッチしておりよく似合っている。



幼少期の超キュートな写真ですら、「なんとなく強そう」なオーラを放っている。大きくどこかうつろでクールな瞳が、父親のエミネムに酷似している。



幼いころのパパとのツーショットは「小型のエミネム・ミニネム」といった雰囲気で抜群にキュート。小動物感と謎の威圧感のMIX具合がユーモラスで、アニメキャラ的な愛くるしさも感じられる。



ワイルドな顔立ちの美女なだけにバッドガールかと思いきや、ヘイリーは高校時代ホームカミングでクイーンに選ばれたこともある優等生とのこと。



友人と撮影した写真では年相応の穏やかな表情も。筋肉質で健康的なボディラインはカジュアルな服装でも抜群にセクシーだ。



濃いめのメイクをほどこすと、ワイルドな金髪美女の母親・キンバリーにもよく似ている。



女優やモデルではなく一般の大学生の今も、その美貌と迫力で知名度の高いヘイリー。「普通の女の子」として生活するにはもったいないほどの個性を持っているだけに、大学卒業後の進路も気になるところだ。

(星野小春)