プリティウーマンみたい?『ZOZOTOWN』社長の彼女・下京慶子がガッキー似美女に変身

2018/1/18 14:37 星野小春 星野小春




昨年、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』運営会社の・前澤友作社長(43)との熱愛が報じられた女優の下京慶子(25)が「どんどんきれいになっている」と注目を浴びている。

前澤氏と下京のデートを『FRIDAY』(講談社)が激写したのは昨年11月。前澤氏はモデルで実業家の紗栄子(31)との交際も有名だが、同年の8月には破局したと伝えられている。下京は17歳年下の25歳の女優で、舞台を中心に活動中だ。売りだし中の女優で現状ではさほど知名度は高くないが、2010年には『紳助社長のプロデュース大作戦!』(TBS系)という番組で島田紳助に「日本一可愛い素人」と言わしめたこともある美貌の持ち主でもある。



そんな下京の公式インスタグラムをチェックすると、熱愛報道のあった11月頃から急激に垢抜けて美しくなっていることに驚かされる。下の写真は熱愛報道前の9月に撮影されたもの。もちろんもとがよいので充分美形だが「あまり有名でない新人の舞台女優」と言われれば頷ける素朴な雰囲気だ。



そして、下の写真が熱愛報道前後にアップされたもの。すっきりとフェイスラインを出したヘアスタイルといい、上品で清楚な装いといい、グッと垢抜け「いい女」に。顔立ちこそさほど変わらないものの「舞台女優の綺麗なお姉さん」から「知的でクラス感のある上流階級の美女」といった雰囲気に変身しており、『プリティウーマン』や『マイフェアレディ』のようなシンデレラストーリーを見ているようだ。



そして11月24日に『FRIDAY』が発売された直後、11月26日にアップされた写真からは売れっ子女優に匹敵するオーラすら感じられる。凛々しい顔立ちと自信に満ち溢れた表情はエレガントで楚々とした雰囲気。



薄いメイクの写真でも、以前よりグッとおしゃれな雰囲気に。さりげないカジュアルファッションからも計算しつくされた「上質さ」が見て取れる。



熱愛報道前にカフェで撮影された写真はまさに「変身前のプリティウーマン」。まだ普通のカワイイ子といった佇まいで「磨く前の原石」感が。同じくカジュアルな服装でも、上の写真の方が格段に洗練されている。下の写真ではメイクも若干濃く見え、対する上の写真はさりげない「ナチュラル風」。いかにして「セレブ美女」ができあがるのかがよく分かる。



ベリーショートにした2018年の近影はどこか人気女優の新垣結衣にも似た雰囲気。「抜群に顔が整っていて骨格と歯が美しい」という長所を最大限に活かしたスタイルは中途半端な長さのボブとくらべて格段に垢抜けている。



「年上の大富豪恋人ができた新進女優」と聞くと、ステレオタイプの「派手美女」に変身しそうなイメージがあるが実際は反対。下の写真のように交際報道前の下京は、メイクによっては実年齢より上に見えることも。



一方交際後は、前澤氏がファッション関係者ということもありってか爽やかで若々しく変貌。見違えるほど垢抜けて、万人受けする「見せ方」が板についている。



下は、熱愛直前のロブヘアの写真。前澤氏とすでに出会っていたのかは定かではないが、髪型や眉毛など細部に生活感が感じられる。



交際報道後は仕事の打ち合わせ中の横顔もセレブ風の品格が。おしゃれなバッグに囲まれて打ち合わせをする写真からは「上質な物の似合う女」的なクラス感が感じられ、大人びているのに若く見える。以前の写真との違いに注目してみると、「髪型」、「服装」、「髪と肌の艶」、「眉の形」、「メイク」が激変しており、どれも過不足無いさり気なさで整えられている。



上記の写真には、インスタグラムのフォロワーと思われる人物から「金に股開いた女」という暴言とも思われるコメントが書き込まれている。それに対し下京は削除するでもなく「言い方!そんな物には開きません(笑)」と一笑に付している。逃げずにピシャリと反論する明快な対応は好感度が高そうだ。



前澤氏が年上の大富豪で下京が若い新人女優ということもあり、スキャンダラスに報じられた今回の熱愛。しかし、現在前澤氏は独身で熱愛後も売名的な露出は見られず、バッシングされる要素はあまりない。

その上、下京は、現在の『プリティウーマン』にふさわしい素材の良さを発揮しており、映画を見るような感覚で楽しく見守っているうちにファンになってしまったウォッチャーも少なく無さそうだ。

(星野小春)