【開運招福】一年の運気を上げる正しい初詣

2018/1/1 10:00 スピリチュアル占い師 CHIE スピリチュアル占い師 CHIE

あけましておめでとうございます!

新年といえば、初詣です。
一年のはじまりということで、今年こそ運気を上げたいと願掛けをする人も多いですよね。

そこで今回は「一年の運気を上げる正しい初詣」についてご紹介します!


■初詣に必ず行くべき神社

初詣には必ず「氏神様」にお参りに行ってください。
「氏神様」とは、現在自分が住んでいる地域に祀られている神様のことです。
全国色んな神社へ行って神様にお参りすることも良いことではありますが、私たちのことを一番近くで見守って下さっているのは氏神様です。
特に人間関係で悩んでいる人は、氏神様にしっかりお参りしましょう。
氏神様は土地の神様で、私たちの生活の基盤です。基盤となっている神様とご縁を結べていないと、悩みやトラブルが出てきてしまいます。

それから時間があったら自分の出生地の「産土神様(うぶすながみさま)」もお参りしてください。
自分が育った土地の波動は、自分に大きな影響を与えます。

出来れば三が日のうちに。
新年のご挨拶をしっかりとしましょう!





■初詣に行く時の身だしなみ

神社は神聖な場所ですから酔っ払いはNGです。
そして場所によっては境内の中で屋台が出ているところもありますが、本来境内の中での飲食はNGです。
神社に行くのは、偉い人に挨拶に行くと思ってください。食べ物を食べながら偉い人に挨拶する人はいませんよね?帰り道ならまだしも、お参り前には避けるようにしましょう。

また、服装は清潔なお気に入りの服で。新品の服だとなお良いです!
本来初詣は“ハレの場”なので、穢れそれなりにふさわしい服装を心掛けましょう。
気分が上がるようなお気に入りの服装で行くのもおすすめ。神様の高い波動とより繋がりやすくなります。





■お守りの購入と返納はお参り前に

神社についたらまず、去年のお守りを返納してください。
お守りの効果の目安は1年です。去年のお守りをいつまでも持っていると、去年の運気を引き継いでしまいます。お札も同様。
境内に古札やお守りを納める専用の箱か、ない場合は社務所を訪れると神社の方が対応してくださいます。

そして新しいお守りを買うのは、お参りする前に!
拝殿の前でお参りする時、手の中にお守りを入れて祈願すると、そのお守りに“念”が入って、自分だけのお守りになると言われています。

ですから神社に行ったら【お守りの返納・購入】→【お参りをする】→【おみくじを引く】の順番でお参りをすると、よりご利益を得られます。





■お賽銭はピカピカの500円

お賽銭について、「5円が良い」など所説ありますが、私の考えとしては、お賽銭は数字が大きければ大きいほど良いと思っています。私はここぞという時はお札も入れます。
お賽銭は神社への奉納ですから、気持ちを込めることが大切です。
余裕がある時はそのぶんの金額をお納めして、感謝の気持ちを込めるようにしましょう。

初詣という特別な参拝の時は500円玉を入れることをおすすめします。
それも汚い500円玉ではなく、なるべく新しいものや、家でピカピカに磨いたものにします。何でも良いと思って投げるように入れたお賽銭には気持ちが込められません。
“捧げる”気持ちが大切なのです。入れる際も投げる行為はNGで、賽銭箱にそっと入れましょう。





■神様からおみくじでメッセージをいただく

一年の始まりに神様からメッセージをいただきたいという方は、参拝の最中に「この後おみくじを引かせていただきますので、必要なメッセージをください」と伝えてみてください。
おみくじは吉凶ではなく、書かれている言葉が重要です。
おみくじの文章の中で何か1つ、ピンと来たり納得したものは、神様からのメッセージです。
初詣で引いたおみくじは、吉凶に関係なく持って帰ることをおすすめします。
おみくじのメッセージを自分へのメッセージだと思って1年間大事に保管してください。
引いたときはピンと来なくても、後から読み返すと背中を押されることがありますよ。


■絵馬で臨む未来を引き寄せる

初詣はお参りだけでなく絵馬も書くことをおすすめします!
書き方にもコツがあり、ただ願いを書くだけではありません。
絵馬には、一年の願いが叶った形で、過去形で書きましょう。

たとえば、「子どもを授かれて嬉しいです」とか、「今年もやりたいことが沢山叶って良い年になりました。」すでに願いが叶った形で書き、最後に「ありがとうございました」と書き加えると、本当に書いた通りの願いが叶います。

これは『引き寄せの法則』を使った書き方で、ワクワクした気持ちで書くことが大切です!
そうなっている自分を想像してワクワクしながら好きなことを書きましょう。




以上となりますが、いかがでしたか?
初詣の参考にしていただけたら幸いです。

皆さんに良いことがたくさん舞い込んできますように…
よいお年を☆ミ


(スピリチュアル占い師 CHIE)