「心斎橋のシンデレラ姫」が語る「2018年をハッピーに過ごす秘訣」

2017/12/25 15:00 吉村智樹 吉村智樹

▲「目撃するとハッピーになれる」という伝説がある「心斎橋のシンデレラ姫」ことブライダルサロン「ルアージュ」オーナー松本明子さん


こんにちは。
関西ローカル番組を手がける放送作家の吉村智樹です。


この連載では、僕が住む関西の耳寄りな情報をお伝えしてゆきます。
今回はその第8回目となります。





■伝説の美魔女「心斎橋のシンデレラ姫」とは?


この連載をお読みの皆様、この一年たいへんお世話になりました。
関西から、今年は35本の記事を配信させていただきました
今回が年末最後のお届けとなります。


2017年のラストを飾る記事、そして12月25日のクリスマス配信にふさわしいハッピーな記事、いったいどなたにご登場いただこう……と思案していたとき、「そうだ! あのお方しかいない!」とひらめきました。


それは大阪の心斎橋にあるブライダルサロン「ルアージュ」のオーナー、松本明子さん


大阪のミナミで、この広告を目にされた方は、きっと多いと思います。



▲たじろぐほどの神々しさ! 大阪ミナミでこのフライヤーを見たことがある方、きっと多いでしょう


まるで国宝の両界曼荼羅を思わせる圧倒的な多幸感。
「大阪心斎橋のシンデレラ姫」「超熟美魔女」「経済効果は1000億円」などなどパワーワードの数々。
いやもう、この広告を身に着けているだけで、なんらかのご利益を授かれそうな「ありがたみ」に溢れています。


そして眠気もさめる情熱的なフライヤーの中心にいて神々しく輝いているのが、ウワサの「大阪心斎橋のシンデレラ姫」こと松本明子さんなのです。



▲盛り盛りヘアアクセサリーに目が釘づけ! テレビや街でお馴染みの存在


「2018年をハッピーに過ごす方法を姫にお訊きしたい!」
そう思い、かぼちゃの馬車で駆けつけるごときはやる気持ちで、僕は心斎橋へと向かいました。


■「心斎橋で姫を見たらハッピーになれる」というウワサ


まばゆい光を放つエントランスで出迎えてくださった松本明子さんは、フライヤーの写真にたがわず、ご本人がクリスマスツリーであるかのようなきらびやかさ。
実際、全身から放たれる聖性から「心斎橋で松本明子姫を見かけたら幸せになれる」という伝説すらあるのです。



▲光り輝く「ルアージュ」のエントランス



▲オーナーの松本明子さんが玄関でお出迎え。天の岩戸が開いて天女が現れたかのよう


松本
「そういうお話は本当によく耳にします。姫(私)の画像を待ち受けにするだけで宝くじ1000万円が当たったり、姫が買い物をしただけで、それまで閑古鳥が鳴いていたお店が大繁盛するようになったり『ハッピーになった』という感謝の言葉をたくさんいただきます。だから街で『姫、うちの店の前を通ってください!』って呼びかけられることがしょっちゅうなんです」


確かに、いまご一緒しているだけで、すでにハッピーになっている気がします。


松本
「そうでしょう? 姫はね、一日中ずーっと『世の中の人たちがハッピーになるにはどうしたらいいか』『みんながハッピーに暮らせるにはどうすればいいか』、それだけをひたすら考えているんです。だから一日に何回『ハッピー』という言葉を口にしているかわからない。100回、200回はゆうに言ってますよ。そういうハッピーになってほしいという願いが皆さんに伝わるんでしょうね」


つねに「みんながハッピーになるように考えている」。
だから口癖は、もちろん「ハッピー」


■「厚化粧美人コンテスト」でグランプリを獲得



▲「ルアージュ」の店内はフランス宮廷のような雰囲気


そんな松本明子さんがブライダルプロデュースの専門店「ルアージュ」をオープンし、今年で30周年
オープン当時から松本さんは注目の女性でした。
朝日放送の生ワイド番組『わいわいサタデー』(1983年~1995年)にて開催された「厚化粧美人コンテスト」において、今年の11月にお亡くなりになった中村鋭一さんからグランプリを授賞。
さらに幾多の番組で復活を繰り返した人気企画「辛口ピーコのファッションチェック」に十数回も出演。
ピーコさんから「姫」と呼ばれ、一躍、時の人となりました。
なんでも放送終了後、テレビ局に「あのカラフルな女性をもう一度出して」と電話や投書が殺到し、松本さんが出演するだけでその部分の視聴率グラフが3%も跳ね上がったのだそう
まさにハッピーを呼ぶシンデレラ。



▲松本明子姫の写真が祭壇のようにディスプレイされている


そうしてさまざまなテレビ番組に引っ張りだことなるうち、20年前にふと口にした「心斎橋のシンデレラ姫」という惹句を往時のプロデューサーが「それだ!」と気に入り、ついには代名詞的なキャッチフレーズへと昇華したのです。
さらにCDやDVDまでリリースするなど、現在も八面六臂な活躍が続いています。



▲CDもリリース



▲CD「超熟美魔女/心斎橋のシンデレラ姫」(951円)。DVD「松本明子ビデオクリップ」(2000円)。ともに税別



「心斎橋のシンデレラ姫」



「超熟 美魔女」



▲「超熟星からやって来た」という設定はご自身で考えられた



▲人前で歌うことも


■「ほかの人の幸せを考える人にハッピーは訪れる」





そういった華々しい側面だけがフィーチャーされがちですが、大阪きっての生き馬の目を抜く商業激戦区において永くお店を守り続け、さらに3人のお子さんを育て上げたといいますから、その尽力には頭が下がるばかり。
ガラスの靴が割れるような、ハッピーだけではないご苦労もきっとあったんでしょうね。


松本
「もちろんです。30年前にブライダルの仕事を始めたとき、誰もビジネスのノウハウなんて教えてくれませんでした。だって前例がないんですもの。だからひとりで一からぜんぶ考えてブライダルプロデュースの方法を確立したんです。それはもう、これまでいろんなことがありましたよ……。創業当時は子供もまだ小さかったし、子育てとの両立もたいへんでした。ただハッピーだったのは、おかしな儲け話に巻き込まれたことが一度もない。とにかく『甘い話には絶対に乗らない』『甘い言葉には用心する』って決めていたんです。人の心を読むこと。これがハッピーになる秘訣ですね


なるほど。
「甘い話」って、それ自体をついついハッピーだととらえがちですが、違うんですね。


松本
「そうなんです。心を研ぎ澄ましていますとね、『あ、これ詐欺だな』『この人、腹のなかで考えていることは違うな』『口ではそう言っていても、内心はこう思ってるんだな』ってピンとくるんです。相手が頭のなかで考えていることがわかるんです。そういう勘を養うことがハッピーになる秘訣ですね。おかげで、姫におかしな話を持ってくる人はいません。人生はね、欲を出しちゃだめ。あまり『欲しい欲しい』と言っていたらハッピーは寄ってこないものなんです。そうではなく、ほかの人の幸せを考える人にハッピーは訪れるんです


ああ、「ほかの人の幸せを考える人にハッピーは訪れる」って、いい言葉ですね。
僕も私利私欲のみで頭がいっぱいになっているときがありました。
これは反省です。


■ドレスは驚異の1000着超え。ドレス専用の部屋も



▲1000着を超えるという魅惑のドレスや宝石などファッションアイテムは、なんと自宅にそれぞれ専用の収納部屋がある


それにお召し物やメイクがこれほどしっかりした松本さんを騙す人間には罰が当たる気がします。
それにしても、素敵なドレス。
「シンデレラ姫」と呼ばれるだけあり、そこにいらっしゃるだけで舞踏会が始まりそう。
ドレスはいったい何着お持ちなのですか?


松本
「もう数えきれないです。1000着では済まないかしら。仕事場では仕事用のドレスを着て、家に帰って『家用のドレス』に着替えますしね。ドレスが大好きで、自宅にはドレスだけの部屋があるんです。あと毛皮の部屋、宝石の部屋、ブーツの部屋、バッグの部屋など、それぞれひとつずつ部屋があるんです」


ええ! アイテムごとに部屋が!
それはすごい。
おしゃれに興味をいだきはじめたのは、いつからなのですか?


松本
「幼い頃からですね。姫の先祖がお殿様で、父は十八代目でした。だから身なりを大切に思う気持ちが強く、いつも朝、目がさめると枕元にドレスやバッグや靴などかわいらしいものが置いてあったんです。休みの日になるとフリルがついたお洋服を着て遊園地などに遊びに連れていってくれる。それが楽しい想い出です。だからドレスが大好き! 中学生の頃には学校が終わるとドレスを着て公園へ行って、ファッションショーを開催したり。その当時から美意識がさく裂していました」


中学時代にドレスを着て公園で遊ぶとは、ドレス歴は、そんなに長いのですか。
筋金入りですね。


■自分で描く「ハッピー眉マユ」でハッピー度はさらにアップ!


さらにメイクが華麗極まりないですが、お化粧はいつからですか?


松本
「中学生の頃から薄化粧をして、高校時代はもうばっちりメイクしていました。そのために学校で何度も先生から呼び出されたけれど、やめませんでした。だってメイクってとっても大事なんです。『人とは違う自分になれる』んですから。メイクの方法を少し変えるだけで、人生が大きく変わるんです。姫はね、メイクやヘアメイクは若い頃からみんなちゃんとやるべきだと思うの」


メイクで運が変わるというのはよく聞きますが、実際そういうことがあるんですか?


松本
「ありますよ。姫は眉を根元だけを残して剃って、残した眉を起点にして上から大きな眉を描くんです。眉がふたつあるから『ハッピー眉マユ』と呼んでいましてね。ハッピーは目と眉の間に宿るんです。だからそこを広げたんです。いつからか、ですか? 20年前かしら。ある日突然『眉毛を剃って、眉毛を描こう』ってひらめいたんです。天から降りてきたかのようにバーンと。それ以来、悪いことが何も起きないの。すごいでしょう? 眉の形は本当に重要ですよ。人生が変わるの。あと、つけまつ毛も2枚貼って、ヘアも1日4時間かけて自分で整えます。正直、たいへんです。重いし。手間も時間もケアも本当にたいへん。でも人と違う自分になるためには、人と違う努力をしないといけないんですよ



▲眉を根元のみ残して剃りあげ、その上に大きく放物線のように別の眉を描く。眉がふたつあるから「ハッピー眉マユ」。ハッピーは目と眉の間に宿るので、面積を広くしているのだそう


「人と違う自分になるためには、人と違う努力をしないといけない」。
そうか~、怠っていたなあ、そういう努力。
今日はいい言葉をたくさんいただいています。


■ハッピーは連鎖する。まずは目の前にいる人をハッピーにしよう





では最後に2018年をハッピーに過ごしたいのですが、どのように心掛けて暮らせばいいでしょうか。


松本
ハッピーって連鎖なんです。自分のメリットはあとでいい。『あの人をハッピーにしたい』『みんなをハッピーにしたい』って考えると、ハッピーはいつか自分に還ってきますよ。少子化や結婚しない人が増えて正直ブライダル業界は厳しいです。まわりはどんどん閉店していっちゃう。でも姫のお店がずっと変わらず永くやれているのは、儲けだけを考えて変な道へ進まず、真心を込めてお客様と接してきたから。ほかの人のハッピーを第一に考えてきたから続けてこれたんだと思います。いやなことがあって、うじうじ『あの人のせいだ』って考えちゃうと、ハッピーの連鎖は断ち切られるんです。目の前にいる人は、世界にひとりしかいない大切な人。その人をハッピーにしたいと思うことが、ひいては自分のハッピーになるのではないかと思います


うーん! 松本さんは先ほど「人の心が読める」とおっしゃっていましたが、ズバリ言い当てられた気がします。
今年の僕は、自分の幸せだけを考える傾向にあったかもしれません。
そのため、憎んだ人もいたなあ……。
2018年をどう考えて過ごせばいいか、指標を示していただいた一日でした。


ちなみに松本さんの将来に夢は「桂由美さんと一緒に『徹子の部屋』に出演すること」
頭の上がハッピーてんこ盛りな3ショット、ぜひ観てみたいです。
ハッピーが連鎖し、いつかその夢がかないますように。


そういうわけで2018年もハッピーな記事を配信できるよう努めます。
年明けは1月15日(月)からスタートを予定しています。


では皆さま、ハッピーなクリスマスを。
そしてハッピーな新年をお迎えください。



▲ブライダルサロン「ルアージュ」では松本さんが親身に相談に乗ってくれる
ブライダルサロン「ルアージュ」
http://www.rouage.jp/



(吉村智樹)
https://twitter.com/tomokiy