【追悼】和製シャルロット、川越美和の美しさをふりかえる

2017/6/7 10:30 DJGB DJGB

こんばんは、バブル時代研究家のDJGBです。

90年代に歌手・女優として活躍された川越美和さんが09年に亡くなっていたことを、『週刊女性』6月13日号が報じました。




報道によれば、最後はとても孤独だったとのこと。同時期に芸能界入りした中江有里も、コメンテーターを務める「とくダネ!」で涙ながらにコメント。




07年に芸能界を引退してからの私生活は謎に包まれており、その真相を知る術はありませんし、これ以上詮索すべきでもないように思います。

今日は、在りし日の川越さんの美しさをふりかえります。



■デビュー当時から大プッシュ、レコ大新人賞も獲得

川越美和のデビューは88年。中学卒業と同時に鹿児島から上京し、芸能活動をスタートします。アイドルとしては控えめな立ち振る舞い、エキゾチックな顔立ちと、少し物憂げな表情から、和製シャルロット・ゲンズブールと評されることもありました(当時、アンニュイな雰囲気を醸す女性にはよくこの表現が使われました)。





16歳になったばかりの川越はさっそく「Looking at You」で歌手デビュー。同期には田村英里子、島崎和歌子、中山忍、星野由紀、マルシア、千葉美加、深津絵里(高原里恵)らがいました。

川越は当時のトップアイドルと同じく3か月に1枚のペースでシングルを発売。1年目から象印マホービン、カルピス、熱闘甲子園などのCMに起用され、NHKドラマへの出演も果たします。


●「夢だけ見てる」(89年)


4枚目のシングル「夢だけ見てる」は、本人も出演したTBSドラマ「時間ですよ・平成元年」の挿入歌。かつて浅田美代子が演じた役どころを任され、作詞・小椋佳、作曲・玉置浩二、編曲・星勝という豪華布陣による楽曲をしっとりと歌いあげます。

この曲のPVを手掛けたのは、当時新進気鋭の映像作家だった岩井俊二。このたびのニュースに触れ、自身のTwitterで川越への想いを吐露しています。





●日本レコード大賞(89年)


89年(平成元年)の日本レコード大賞では新人賞にもノミネート。最優秀新人賞はマルシア(「ふりむけばヨコハマ」)に譲ったものの、田村英里子、香田晋、尾鷲義人らとともに、大みそかの日本武道館で堂々の歌唱を披露しました。



■女優として、歌手として…TBSドラマに欠かせない存在に


デビュー時からTBSとのゆかりが深かった川越。「時間ですよ・平成元年」に続き、90年には、大ヒットドラマの続編「スクールウォーズ2」に出演。病弱なヒロインを演じ存在感を発揮します。

●「スクールウォーズ2」(90年)




前出の中江有里と共演したのは、諸星和己(当時・光GENJI)主演のこちらのドラマ。

●「ダンナ様は18歳」(90年)




人気ドラマシリーズ「HOTEL」の第2シーズンにもレギュラー出演。フレッシュで清楚なフロントクローク、並木裕美を演じて好評を博しました。

●「HOTEL2」(92年




歌手としても、坂本九の名曲をカバーした「涙くんさよなら」が、ドラマ「天までとどけ」の主題歌としてヒット。文字通り、川越はTBSドラマに欠かせない存在となりました。

●「天までとどけ」(91年)




■グリコ、NEC…CMにも続々起用

10代とは思えない彼女の大人びた雰囲気と、印象的な黒髪、力強さを秘めた瞳は、多くの企業をも魅了しました。そのうち一部を紹介。


●グリコ 「アメリカアップル」(90年)




●NEC「スピークス」(91年)




■2007年で芸能界を引退…。どうぞ安らかに…。

93年ごろからはTBS以外にも多くのドラマ、映画にも出演し、女優としての地位を確立した川越。95年ごろにはいったん芸能活動を休止しますが、96年からは所属事務所を移籍、芸名も初瀬かおるに変更して心機一転。のちに再び川越美和へと戻しコンスタントに芸能活動を継続していました。

ふりかえれば、07年の映画「ゲゲゲの鬼太郎」が芸能界での最後の仕事でした。トラブルによる途中降板とも報じられていますが、真相は定かではありません。





バブル絶頂の88年、事務所やテレビ局の大プッシュを受けてデビューした川越美和。華々しい時代には、美しくも控えめな彼女は、ちょっと場違いだったのかもしません。

だからこそ、彼女の独特の表情は、いまも人々の記憶に焼き付いているのでしょう。


今日は岩井俊二による「夢だけ見てる」のPVで失礼します。





川越美和さん、どうぞ安らかに。


(バブル時代研究家DJGB)