【のんべえ必見】新宿ゴールデン街「納涼感謝祭」が8月30日に開催

2015/8/28 17:00 チー=サン チー=サン

再開発がすすむ東京の中で、いまだ昭和の雰囲気を色濃く残す「新宿ゴールデン街」。小さなバーが所狭しとひしめく一角はまるで時間が止まっているかのよう。

新宿ゴールデン街に一度行ってみたい!そう思っても一人で扉を開けるのは勇気がいるという人も多いのではないでしょうか。

※筆者撮影

そんな人に朗報!8月30日(日)に新宿ゴールデン街納涼祭が開催されます。

参加店舗はなんと180店舗(2015年8月26日現在)、約200店舗以上といわれるゴールデン街のお店の半数以上が参加する「ゴールデン街納涼感謝祭」。ほとんどのバーでお店に入店するときは「チャージ」と呼ばれる料金が発生しますが(通常500~1500円がほとんど)、今回の納涼祭に限り各店チャージ無し最初の1杯500円ととてもリーズナブル。これなら普段、いくらかかるのだろう…?と入りたくても入れないお店も気軽にはいることができますね。また当日は近隣の会場で「新宿ゴールデン街納涼感謝祭プロレス」も開催。夏の終わりをアツく彩ります。

新宿ゴールデン街納涼感謝祭2015公式サイト

ゴールデン街の醍醐味は狭いカウンターを同席することによって起きる偶然の異種交流。老若男女国籍問わず、予想外な話で盛り上がることもしばしば。お酒の前では全ての人が平等。何軒か自分に合う店を探していくうちにゴールデン街の魅力にどっぷりという方も良く見かけるのもこの街の特徴ともいえるでしょう。

また、最近はコンセプチュアルなバーなど若い店主の店も続々開店。テレビにもでる名物ママのお店や開店30年以上のママがやっている古きよき昭和の雰囲気がたっぷりなお店など、お店ごとに雰囲気や人柄が織り成す世界観が違い、まるで大人の遊園地!

もちろん、酔ったから無礼講というわけではありません。お酒を楽しく飲むためにはある程度の節度も大事にして、気持ちよく飲みたいもの。お店が混んできたらサッと次のお店に異動してハシゴ酒をすると楽しさも二倍。そのスマートな振る舞いがお店のママのハートを掴んで顔も覚えてもらいそのうちに常連に…なんてケースも。

ハシゴ酒をする上で次のお店に迷ったらママにオススメを聞いてみてはいかがでしょう。何軒か紹介してもらえれば、次のお店で「○○のママからの紹介です」と会話が弾むこと間違いなし。

普段の社会生活では味わえない、めくるめく夜の世界へ扉を叩いてみませんか。