小竹向原にある東京メトロの小さな「PRルーム」が意外と楽しかったから今のうちに行った方が良いと思います!

2015/4/30 17:55 ネットきのこ ネットきのこ

「小竹向原」

東京に住んでいる人なら一度は聞いたことがある。しかし、降りたことはない、そんな駅。

副都心線と有楽町線、西武池袋線が交わる交通の要衝なわけですが、あまりにも電車の発着本数が多いことに加え、配線(レール)が複雑過ぎてもうカオスを通り越している駅なわけです。


この黒い線がレール。カオス。

※アンサイクロペディアのスクリーンショット(だけど配線は本当)

そんなカオスを廃止するために、小竹向原駅とお隣の千川駅の間でこのカオスな配線をよりスムーズなものにするための超大工事が行われているんですね。

簡単にいうと、電車遅延の原因となる「平面交差」をなくすために、200億円かけて地下で「立体交差」をつくるというものです。地下立体交差!ときめく響き。

着工は2010年。既に一部完成していますが、全て完成するのは2018年とまだ3年も先の話。

そして今回紹介するのはこの大工事はどんなものかを紹介しているPRルームについて。

PRルームが存在することは以前から知っていたのですが、今回初めて行ってきて色々と話を聞いてきたのでレポートしたいと思います



PRルームの周辺はこんな具合。この地下で大工事が行われている。



こちら入口。この時は閉館した時だったけど、普段は左側のドア解放されているので入りやすい。いや、そこそこ入り辛い。


さっそく中に入ってみる。


おお



おおお



おおおお



おおおおお


中には、ところせましと今回の工事の写真や報道資料などが掲示されている。

壁に貼られている工事状況はひと月くらいのペースでアップデートされているとのこと。そのため、毎月くる人も少なくないそう

北は北海道、南は大阪(微妙)からこの小さなスペースに来ているんだとか。

ちなみにこの日は先客が2名。夕方に行ったのだけど、合計では朝から70名近く来ているとか。予想よりも68人位多い。



メインコンテンツのひとつが、1/150スケールのジオラマ



光で電車の動きを表すもの。工事前と後の比較が分かりやすい。

これは工事前で、緑の光(電車)に線路を譲るために青い光(電車)が立ち往生している。これをなくすのが今回の工事。



千川駅の先端部。かなり忠実に再現されている。

この工事箇所の精密なジオラマを再現したいジオラママニアの方が、このミニチュアをメジャーで測りまくるということもあったそう。たしかに地下は地図では分からない。



土木関係の展示も豊富



日本に4台しかない「CSM」とやら。この重機が使われていた頃はどこからともなくマニアがきたとか。



日本の大規模な土木工事についての説明も。



鉄道、土木に関する本も豊富に置いてある。撮り忘れたけど他の棚にはさらに多くの本が。

今では非売品となり高値で取引されている書籍も多いとか。ここで知った本をそのまま池袋のジュンク堂に買いにいく人もチラホラいるらしい。

今回、話を聞いて意外だったのは、鉄道好きだけではなく、土木、重機が好きな人がかなり多く来るということ。

ここでしか使われない重機が多々あり、さらにここにくる理由として、工事現場に柵がないため重機の足元まで全てが見られるから、というもの。


と思って外を見てみる。

たしかに柵がなく開放的な場所で工事が行われている。

上述の「CSM」が導入される際には、まだ導入されてない段階で重機マニアの方がきて「いつから導入されるんですか!?」と聞きにきたそう。どこでその情報を仕入れるのか。


さらには、今回の工事についてだけではなく、副都心線開業、東横線直通時のポスターなども。


まさかの有楽町線開通記念のポスター



天井もフル活用



副都心線などと呼ばれるずっと前、「新線」と呼ばれていた頃。小竹向原から池袋までは開通していたんですよね。懐かしい。



駅の深さ。こういうの好き過ぎる。



乗降客数ランキング。池袋1位、2位北千住。3位大手町。



天井にはプラレール。この時は動いていなかった。多分動いてたらもうちょい長居してた。



映像では工事の説明や実際の映像まで自由に選んで流すことが出来る。これは線路を人力で切り替えている所。



こちら、PRルーム前に掲げられた案内板。右側に注目。



ズーム。ここにひっそりと工事のスケジュールが掲示されているので、今なにをやっているのか知りたい人はここを見ればオッケー。2週間に1回更新されるとのこと。


こちらのPRルーム工事完了の頃には無くなってしまうので行ける時に行った方が良いかもしれない。といっても3年先くらいですが。

どんな場所か不安……と思っても大丈夫。係員の女性の方(元乗り鉄)が大変フレンドリーになんでも答えてくれますよ。


意外にも(失礼)楽しい資料が多く、知らない話をたくさん聞くことの出来たこの場所。そしてここには書けない、ここでしか聞けないお得なお話も聞けて大満足でした。

また時間がたったら来ます!


月曜日休館
営業時間は10-16時

東京メトロ:小竹向原駅~千川駅間(有楽町線)連絡線設置工事「PRルーム」のご案内