歌が上手いジャニーズ!NEWS増田貴久、生放送の水曜歌謡祭に出演

2015/4/25 23:54 柚月裕実 柚月裕実


NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome【Blu-ray】(初回仕様)

歌って踊れるアイドル。パフォーマンス上、激しいダンスを披露することもあり、歌番組などでは口パクで歌ってないだろうと思われがちだが、生放送の歌番組で生歌それも美声を披露するのがNEWSの増田貴久だ。

この4月からスタートした『水曜歌謡祭』(フジテレビ系/毎週水曜よる7時)に出演する増田は、NEWSのメンバーであると同時に、手越祐也と共に派生ユニット「テゴマス」としても活動している。テゴマスはダンスパフォーマンスを極力おさえ、歌に重心をおいているのが特徴。二人の奏でる歌声でファンを魅了する。

以前、横浜アリーナで行われたテゴマスのコンサート『テゴマスの青春』では、ほとんどの曲をバンドの生演奏と共に披露し、一部の楽曲はマイクを使わずにアカペラで歌い上げた。それも会場の隅々までしっかりと歌声が聞こえたとファンの間でも話題となった。

低すぎず高すぎずという音域で、やわらかく伸びやかな歌声が魅力だ。何よりどの歌のときも歌詞のひとつひとつの言葉や曲の持つ雰囲気を大切にして、心を込めて歌い上げる。どんな時も見せ方を意識するのがアイドルだとすれば、歌う時の増田は一人の歌手。見せ方よりも、いかにしてこの歌に思いをのせて届けるかという気迫が漂う。

増田は以前、雑誌のインタビューで「先輩が築いてきた道を守りたい」と語った。近頃はアイドルの仕事も多岐に渡り、俳優にバラエティ、キャスターと活躍の場を広げている中で、この言葉はすごく新鮮で響いた。

演技をするにしても、MCをするにしても、全てはリズム感という方針のもと、子どもの頃からダンスに歌にと鍛錬を積んでいるジャニーズタレント。入所当時からレッスンに励み、先輩のバックダンサーとして経験を積んで行く。多くのタレントはグループに属し、まずはコンサートをベースに活動を行っていく。アイドルにとって基礎であり、大切な武器となる。

NEWSで活動する時も増田のソロステージでは歌とダンスに自分のセンスをあますことなく注入したであろう、圧巻のステージをみせてくれる。見た目のおちゃめなキャラから一変する、そのギャップがたまらない。

ジャニーズだから歌わない、もしそんな先入観を持っているとしたらもったいない。

(柚月裕実)