悪運から自分を守る方法

2021/8/9 07:00スピリチュアル占い師 CHIEスピリチュアル占い師 CHIE


こんにちはCHIEです!

8月に入り暑い日が続き、夏がやってきましたね~!
この夏こそ飛び抜けたい、悪いことが何もなく好調に進んでほしい!と思いますよね。

そこで今回は『悪運から自分を守る方法』

ネガティブなことが来ないように身を守り、不安に打ち勝つ方法をご紹介します!





■浄化風呂をつくる

どんなに自分が良い時でも、人と接すると知らないうちに人から“気”をもらいます。

人から受けたマイナスを取るにはお風呂に塩、日本酒を入れるのが一番おすすめです。
塩とお酒は神社でも神様に捧げられているように、一番の浄化作用があります。

入れる量は少量ではなく、豪快に!
ドバァーっと気持ち良いくらい入れることで、気分が晴れてエネルギーもリセットされます。


■白色を身につける

“なんか最近ツイテない気がする”と感じる時は、洋服や持ち物など、意識して「白色のもの」を身につけると良いです。

白は自分を守る色。

お医者さんや看護師さん、セラピストなど、人を癒す仕事をしている人は白い色を着ている人が多いですが、白色はお客様に清潔なイメージを与えるだけでなく、人から受けたエネルギーから自分を守るパワーがあります。

大事なことがある日に白色を着るのもおすすめ。
悪いことを跳ね除け自分をバリアしてくれますよ。


■ネガティブになった時は流水で手を洗う

ネガティブな気持ちが押し寄せた時は“水の気”を使うと良いです。

水はリセットしてくれる効果があります。
気分を切り替えたい時に、私も自分の中のスイッチング作業としてよく手を洗いに行きます。

蛇口をひねり30秒くらい水に手をつけ、水を流しっぱなしにして指先から自分の中のエネルギーが水をつたって出ていくのを頭の中でイメージしてください。
手が冷たくなってきて、爽快な気分になったら浄化完了。

家や出先ではこのやり方でも充分に浄化出来ますが、お休みの日に海や川に出かけた時に、水に手足をつけるとより浄化効果が高いです!




■大地に裸足で立ってアーシング

アーシングは身体と大地が直接繋がる事を言います。
砂浜や公園で裸足になったり、森の中で木や地面に直接触れたりする事で、体内に蓄積した電気が放たれ、体内がリセットされます。

電気が体に停滞していると自律神経の乱れや頭痛、耳鳴りや肩こりなどといった症状を引き起こすので、定期的にアーシングすることをおすすめします。

なかなかない素足で自然に触れている感覚は、開放感とともにとても安心感があり最高にリフレッシュして浄化されますよ。





「清々しい!」という感覚が浄化された証です。

良い気分でいれば、悪いことも寄ってこなくなります。

ぜひ皆さんも参考にしてやってみてください!


(スピリチュアル占い師 CHIE)