「ネシ子が会う」コムアイ(連載 第三回)

2013/8/29 12:00 フレネシ フレネシ


こんにちは。フレネシです。

去る6月1日、渋谷WWWにてアイドルグループ「ゆるめるモ!」主催の音楽フェス「ゆるフェスモ!」が開催されたのですが、そのとき客として会場にいた私は「水曜日のカンパネラ」のライブを初めて体験しました。

アオザイを着て一人、PC1台と共にステージに現れた女性が「水曜日のカンパネラ」のボーカル担当、コムアイさん。

アイドル主催、出演陣もアイドルが中心のイベントだけにそれぞれの固定ファンが目立ち、若干アウェイなムードがあるにもかかわらず、たった一人でステージを仕切り、Sキャラ全開のトークでお客さんをぐいぐいとひきつけ、最後には完全に会場の空気を持っていっていました。

そんなコムアイさんのどこかつかみどころのない飄々としたキャラクターと、アンティークの着物もさらりと着こなすクラシカルなたたずまいに惹かれ、ぜひ一度会ってみたいなと思ったのです。


●コムアイさんに50の質問●   

―――フレネシ(以下フ):コムアイさん、はじめまして。フレネシと申します。私のことはご存じないかもですが、簡単に説明しますとソロミュージシャンです。

では、まずお名前の由来から聞かせてください。



―――フ:【質問その1】「水曜日のカンパネラ」という名前の由来は?



コムアイ(以下コ):決まってから入ったので、実は由来を知らないんです。作曲家の剱持さんが決めました。水曜日にいつも打ち合わせをしていたので「水曜日の~」なんです。



―――フ:【質問その2】コムアイさんは本名ではないですよね? 「コムアイ」という名前にはどんな意味があるのでしょうか。


コ:Twitterのアカウントをそのまま使ってます。本名の名字が「コ」で始まって、名前が「ミ」で始まるんですけど、「K」と「O」と「M」と「I」で、アンダーバーを入れる場所が他のは埋まっていたので「KOM_I(コムアイ)」になりました。

「水曜日のカンパネラ」も「コムアイ」も名前なんて何でもいいかな、という気持ちで。



フ:特に思い入れがあるわけじゃないんですね。でも「コムアイ」という名前が何かこう、デジタルで今っぽい感じがして気になっていました。


コ:なるほど。フレネシさんはどうやって決めたんですか? よく「フレシネ」って間違われませんか?


フ:めちゃめちゃ間違えられます……。「フレネシ」は、アルベルト・ドミンゲスというメキシコの作曲家が作った同名曲がとても好きで、タイトルをそのままいただきました。


■ Frenesi『Julie London』




―――フ:【質問その3】水曜日のカンパネラのメンバーは?


コ:3人います。歌唱担当が私なんですけど、作曲担当の剱持と、その他雑務のディレクターFです。


フ:二人は表舞台には立たないんですか?


コ:立たないです。剱持さんは主催イベントだとDJやることもありますが、ディレクターFは物販を担当したり、映像を作ったり、歌詞を書いたりしています。



―――フ:【質問その4】メンバーとの出会い、結成秘話について教えてください。


コ:映像作家の知り合いのホームパーティに呼ばれて行ったんです。20人くらいいたかな。そこにつばさレコーズのディレクターFがいて「歌わないか」と誘われました。

最初は「何て胡散臭い話なんだ」と思いました。女の子つかまえて「歌、歌おうよ」ってそんな怪しい話はないだろうと。

そのときは全然乗り気じゃなかったんですけど、まんまと他の話で乗せられて。その事務所は代理店的なこともしていまして。



フ:広告ですか?


コ:そうです。「パナソニックの電動自転車のPRでイベントをやるのでかかわりませんか」という話をいただいて。

そのとき自転車にハマっていて、パーティ会場にも20kmくらいの距離を自転車で来ていたので「それだったらやりたいです」と言ったら、後日その打ち合わせに来たつもりが話がぽしゃっていて。

そこで作曲の剱持さんのインストの音源をいくつか聴かされて「いいな」と思ってしまったんです。


それから「こういうイメージでやりたいんだけど」って大阪の野本ヒロヒトさんという写真家の写真を見せられたんですが、その人の作品はカメラが変わっていて、どうしてか写るものが全部モノクロに近いブルーに写るんです。彩度が低くて。それを見て「やってみたい」と思ってしまったんです。

そんないきさつがあって、いつの間にか歌うことになっていました。



フ:いろいろ違う餌で釣られたということなんですね。


コ:そうなんです。実は最近まで信用していなかったんです。楽しい一方で、腹の内で「まだ逃げられる…」と思いながらやっていたら、アルバムが出て、ようやく実感がわいてきました。だまされてみるもんだなと思いました。



―――フ:【質問その5】水曜日のカンパネラは結成から1年半ほどかと思いますが、それ以前もコムアイさんは音楽活動をしていましたか?


コ:全くやってなかったです。歌うのは初めてで、元々そんなに音楽を聴く方でもなくて。キューバに旅行に行ったりしていただけで、普通に社会人になると思っていました。二十歳超えてからこんなことをやるとは想像もしていなかったですね。



―――フ:【質問その6】ライブを拝見したとき「お七」の江戸前ラップがめちゃめちゃかっこいいなと思いました。時代物がテーマでありながら今っぽいトラックにラップを乗せるというアイデアはどこから出てきたのですか?

■ 水曜日のカンパネラ『お七』(MV)



コ:まずラップをやるという話になったのが意外だったんですが、私の声だとスローテンポの曲だとハマり過ぎて面白みにかけるのでラップにしようと剱持さんが言い出したんです。ラップならうまく歌えないだろうから聴いてみたいと。でも、結構最近そういうアーティスト多いと思うんです。


フ:そうですね、アイドルグループでもlyrical schoolとか、ライムベリーとか。


コ:舌っ足らずな感じの。


フ:でも、ガールズラップ界の中でも、キャラが立っていると感じました。和をモチーフにしているところとか。


コ:このラップのリリックは剱持さんが書いたんですが、「八百屋お七」という江戸時代の放火事件を題材に書いてくださいとお願いしました。好きな人に会うために火を付けてしまうというのが、狂気だなあと。

でも、時代物が出来上がるかと思いきや、完全に「七」を使った言葉遊びになっていて。



フ:「お七関係ないじゃん」って歌詞になってますよね。



コ:そうそう、江戸時代は全く関係ないですね。「セブンスヘブン」とか。



―――フ:【質問その7】2ndミニアルバム「羅生門」が10月9日にリリースされるそうですが、「素子」、「星一徹」、「シャア」、「不二子」といった曲名はアニメのキャラクターが由来ですよね。

また「竹久夢二」、「マリー・アントワネット」といった実在の人名が曲名になっている作品もあり… それらのキャラクター、人物への思いについて、語ってください。



コ:「素子」の歌詞は私が書きました。


フ:「攻殻機動隊」ですか?

■ 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』第1話


コ:そうです。観たことないんですけど…


フ:えっ、観ないで書くの難しくないですか? 情報量がない中でどうやって書いたんですか?


コ:このときは、タイトルをあとで決めたんです。「素子」が一番「素子」性がないんじゃないかな。プールサイドの歌なんですけど、水しぶき上げてシュパーって感じが、素子のかっこよさと重なるなということで。

あとは女の子の名前がいいなと。基本的に、女の子キャラクターの強さとか、狂った感じに惹かれることが多くて。



フ:「八百屋お七」もそうですね。


コ:名前にしているのは曲を可愛がってほしいなという思いがあって。


フ:曲に人格を与えたいという。


コ:そうなんです。名前を付けるんだったら、人名が一番馴染みがあるんじゃないかと。



―――フ:【質問その8】目標とするアーティスト、女優、有名人はいらっしゃいますか?


コ:大貫妙子さん、ちあきなおみさん、椎名林檎さんが好きです。

■ ちあきなおみ『喝采』





―――フ:【質問その9】OTOTOYへ送ったという著名人へのラブレター、拝見しました。

好きという気持ちは伝わりましたが、正直驚きました。だって、思いを伝えたい相手が一人じゃなかったから……。もし本人に届いたら、そして一夜のランデブーを共に過ごすとしたら、あの中でだれがいいですか?



コ:あれは全部本気で書いてます! 一人だけなら、岡村ちゃんか……。やっぱりレキシかな。

■レキシ『きらきら武士 feat. Deyonna』(MV)





―――フ:【質問その10】高校時代に地雷撤去のための募金活動に参加したり、キューバへ高校生2人だけで旅に出たりと、若くして多くの人生経験を積んでいらっしゃいますが、21歳になったばかりの今、一番やってみたいのは何ですか?


コ:ジャム屋さんをやってみたいです。田舎でいい食材を農家に買い付けに行って、ひたすら煮詰めて。そういうの平和だなあと思って。



―――フ:【質問その11】鹿の解体の技術を習得したそうですが、なぜやってみようと思ったのですか?


コ:まだ全然習得していなくて見習い中なんですけど、山梨の北杜(ほくと)というところに師匠がいるので、通っています。今度、雑誌「TRASH UP!!」で師匠と私の対談が掲載されます。


フ:チェックします! 師匠との出会いは?


コ:師匠は料理人なんですが、北杜は野生の鹿や猪が多くて、害獣として処分されたあと捨てられてしまうそうなんですが、食材として使いたいということで解体を始めたそうです。

師匠は狩りにも行っていますが、私は狩り自体にはあまり興味がないんです。ジビエのお祭りがあったときに解体をさせてもらったら、楽しくてアドレナリンが出ました。あんまり脂がないんで、指を入れただけでもうまくすれば皮がはがれるんですが、モノをはがすときの快感に似ているというか。



クレジットカードなんかの利用明細はがきをはがすのに近いんです。ああいう感じの楽しさがあって。血を見て興奮するわけじゃなくて、作業をどんどん進めたくなる感じがあります。かさぶたとか、プラタナスの木の皮とか、はがすのが大好きなんです。




―――フ:【質問その12】どこか現世に生きていないような、いまどきっぽくない、クラシカルでノスタルジックな雰囲気がコムアイさんと私との共通項かなと思っているのですが、ルーツについて教えてください。もっとも影響を受けた作品、人物は?


コ:私は特におばあちゃん子だっていうわけでもなくて、影響を受けた人がいるわけでもなくて……。持って生まれたものかもしれません。

現代の資本主義が大嫌いだったときがあって、それで社会主義国のキューバに行ったんですが、その要素を求めて、江戸時代に興味を持つなど時代をさかのぼった時期がありました。



フ:ではここから、よりプライベートな質問に入っていきます。


―――フ:【質問その13】血液型は?


コ:A型です。一番ありえないって言われます。当てられたことはないです。



―――フ:【質問その14】「マリー・アントワネット」ではお菓子の名前がいろいろ出てきますが、ブルボンで一番好きなお菓子はなんですか?


コ:名前が好きなのはホワイトロリータとか。ライブで投げるのもホワイトロリータなんですが、実は一番好きというわけでもなくて。自分でよく食べるのはプチシリーズです。


フ:プチっていまどきの嗜好性じゃないですか(笑)ちょっとだまされました。



―――フ:【質問その15】食べられないもの、苦手なもの、ありますか?


コ:脂っこいものが苦手なんですが、それ以外は大丈夫です。



―――フ:【質問その16】ご出身は?


コ:神奈川です。



―――フ:【質問その17】利き手は?


コ:右手です。



―――フ:【質問その18】ご自身を動物にたとえると?


コ:狐。



―――フ:【質問その19】映画通との噂を小耳に挟みました。コムアイさんが一番好きな映画は?


コ:バイブル的な映画はウォン・カーウァイ「恋する惑星」、それから最近DVDで観てお薦めなのがチャン・イーモウ「キープクール」です。



―――フ:【質問その20】東映ポルノに詳しいと伺っています。好きなポルノ女優を教えてください。


コ:詳しくないんですが……。この間見たのは、東映ニューポルノの「女高生飼育」という作品です。

東映ポルノがあって、日活ロマンポルノがあって、その裏のあまりメジャーでない路線のシリーズなんですが、この映画に出ていた朝倉葉子さん、日活ロマンポルノの谷ナオミさんが好きです。

谷さんは「花と蛇」とかSM系に出ている女優さんなんですが、二の腕のもちっとした感じがたまらないです。



フ:女性はある程度脂肪が巻いていた方がセクシーですよね。



コ:あと、顔が特徴的な方がいいですよね。あまり化粧をしていなかったり、美容整形をしていなかったり… 世の中の好みがばらついていたこともあるかもしれないんですが。



―――フ:【質問その21】一番エロスを感じるシチュエーションは?


コ:湿気があるところがいいですね。沼とか。森とか。


フ:(赤面)わかっている人は「わかってるね」って言いそうな回答ですね。ものすごく正解に近いというか。



―――フ:【質問その22】あなたの口癖は?


コ:「どうなんでしょうね?」ですかね。適当なんです。



―――フ:【質問その23】今一番ほしいもの、教えてください!


コ:ものだとパッと浮かばない。いろんな経験がしたいですね。東京のきわどいところマップが欲しいです。


フ:きわどいっていうのは?



コ:ものすごい巨体のおばさんが出てくるストリップ劇場とか。



―――フ:【質問その24】好きなお酒は?


コ:すごく弱くて… あんまり飲めないんです。


フ:仲間ですね、私もです。


コ:弱そうですね。私は強そうって言われるんですけど。


フ:若いミュージシャンにそういう人最近多い気がします。


コ:前回出ていらした漁港さんは違いますよね。


フ:違うと思います(笑)


コ:クレイジーケンバンドの剣さんって飲みそうに見えるじゃないですか。でも飲まないんですって。


フ:へえ、意外ですね。


コ:サングラスかけてる人みんなお酒飲むと思ってました。


フ:偏見ですね(笑)でも、そういう雰囲気ありますよね、お酒が似合っちゃうという。洋酒とか。



―――フ:【質問その25】最初に買ったCDは?


コ:ミスチル「深海」です。後追いで買いました。



―――フ:【質問その26】コレクションしているもの、ありますか?


コ:昔10円玉を年代別にそろえて、集めたことがありました。100円だと高額になるなあと思って、10円にしました。



フ:(笑)たしかに100円だと10円よりは高額になりますね。どのへんまでさかのぼりました?


コ:ギザ10が集まらなくて。昭和33年がすごく少ないんです。それで、あきらめました。



―――フ:【質問その27】コムアイさんはショートヘアのイメージがありますが、他にやってみたいヘアスタイルはありますか?


コ:ショートの中でもいろいろあると思うんですが、ベルエポックとか、ツィッギーのようなぴたっとしたショートをやってみたいです。


■ 【参考動画】ツィッギーのショートヘア





―――フ:【質問その28】幼少の頃は、どんな女の子でしたか?


コ:人見知りで、よく泣いてました。幼稚園では宇宙船ごっこの隊長役をやったりして遊んでいましたね。



―――フ:【質問その29】100人とのチェキのこぼれ話、聞かせてください。


コ:キューバの旅行記はブログ「みさきとひびきの素っ裸キューバ!」にあるんですが、メキシコ経由でキューバに行ったら荷物が届かなくて服がないので、1週間くらいは文字通り本当に裸で寝てました。


フ:1ヶ月の滞在期間でチェキを撮ったんですね。


コ:はい。あと、マンゴーがすごく美味しくて。1個2ペソ(8円程度)で買えるんです。


フ:わ、安い……。日本のマンゴーにも引けを取らない味ですか?



コ:はい、デロデロに甘くて。2人で30個、毎朝毎昼食べてました。お金がなくてレストランに入れなかったので、売店で売ってるフルーツや生絞りジュースばっかり食べたり飲んだりしてましたね。


フ:観光客だとわかると、ぼったくられたりしませんでした?


コ:ホテルから一番近かった売店にいたのがすっごい巨乳のおばちゃんで、胸の間に携帯をはさんでいるんです。キューバってそういう人が多くて。


フ:谷間がポケット代わりなんですね(笑)


コ:信じられないんですが。そのおばちゃんは絶対にふっかけませんでした。だからよくそこで買ってました。



―――フ:【質問その30】今、一番行ってみたい国は?


コ:ドイツのベルリンと、モロッコのシャウエンという街に行ってみたいです。あと台湾ですね。


■ 【参考動画】シャウエンの街並み





―――フ:【質問その31】気になる民族楽器は?


コ:口琴をたくさん持ってます。ベトナムとか、ネパールの口琴を持ってます。あと、ムックリってご存じですか?


フ:存じませんが、それは何ですか?


コ:アイヌ民族の口琴なんですけど、竹でできているんです。それから、できたらホーミーをやってみたいです。


■ 【参考動画】ムックリの演奏





―――フ:【質問その32】得意科目は何でしたか?


コ:国語です。



―――フ:【質問その33】逆上がりとクロールができないそうですが、運動神経の悪さにかけては私も負けていないと思います。他にもできないことがあったら教えてください。


コ:あんまりまっすぐ歩けないんです。あと、自分の体の端っこを認識するのが苦手で、よくぶつかるんです。くるぶしをもう片方の足で蹴っちゃうんです。


フ:私も一緒です。あざだらけになりますよね。



―――フ:【質問その34】お着物がとってもお似合いなコムアイさんですが、一番好きな民族衣装は?


コ:やっぱり着物ですね。ライブのときは自分で着ますが、撮影のときはプロに着せてもらいます。



―――フ:【質問その35】やってみたいコスプレは?


コ:男装がやりたいです。似合うと思うなあ。



―――フ:【質問その36】好きな男性のタイプを教えてください!


コ:気が合えばなんでもいいです。最近気づいたんですが、威勢のいい人が苦手です。「俺について来い」っていうタイプより「ダメかもしれない」っていうタイプが好きですね。



―――フ:【質問その37】初恋はいつ?どんな人?


コ:小学1年生のとき。双子の男の子で。


フ:見分けつきました?


コ:ペアルック着てるんで後姿だとわからなくて、間違えてもう片方にいたずらをして恥ずかしい思いをしたことがあります。

好きになって2週間くらいで大阪に転校してしまったんですが、彼を含めて3人くらい、好きになる子ばかり転校するという事態が起こりました。



フ:コムアイさんが好きになると転校フラグが立つのか……。


コ:どっちなんですかね。そういう人を好きになってしまうのか。



―――フ:【質問その38】文豪で一番好みなのは誰?


コ:活字あんまり読まないんです。


フ:純文学とか読みそうなイメージがありますが、意外でした。


コ:文章を書く人はあんまり……。自分に酔っているように思えてしまって。



フ:では、好みのルックスは?


コ:おなかが出ている人がいいです。あと、肌質が良い人が好きです。おなかがもちもちしてる人が好みですね。



―――フ:【質問その39】恋人とはどんなデートがしたいですか?


コ:一緒にポルノ映画を観たいです。



―――フ:【質問その40】告白は自分からする方? 相手からされる方?


コ:することもされることもあんまりなくて、グダグダ始まっていることが多いです。



―――フ:【質問その41】ぐっとくる男性の仕草は?


コ:ちょっと困ってる顔が好きです。忘れ物に気づいた顔とか見ると、ニヤニヤしちゃいます。「あ~~」っていう。「何忘れたの~?」って。



―――フ:【質問その42】男性に着てほしい格好、してほしい髪型、髭、めがねなど…


コ:髪型は何でもいいです。短髪はあんまり好きじゃないですが、犬っぽいのが好きなので、髭も髪もわしゃわしゃと長い分には全く問題ないです。



―――フ:【質問その43】草食男子と肉食男子、タイプなのは?


コ:どっちもイヤです。ロールキャベツ男子がいいです。



―――フ:【質問その44】「おじ専」のコムアイさん。おじさんはいくつまでアリ?


コ:50歳くらいかな。



―――フ:【質問その45】今一番転がしたいおじさんは?


コ:細野晴臣さん。



―――フ:【質問その46】興味ないかもですがあえて聞きます。年下はいくつまでOK?


コ:全く興味ないです。



―――フ:【質問その47】男性にされると引いちゃうことは?


コ:声が大きい。



―――フ:【質問その48】かなわないな… と思う女性はどんな人?


コ:「狂った果実」の北原三枝さん。すごい悪女なんですけれど、それでも品があるところが素敵です。



―――フ:【質問その49】「○○ができる男性が好き」。○○に入る言葉は?


コ:実は落語ができる男性が好き。



―――フ:【質問その50】世のファンに一言、お願いします!


コ:これからも見捨てないでください。


フ:あらら、ずいぶん控えめですね。



コ:普段のライブがドSなので……。


フ:(笑)



インタビューを通しての彼女の印象をまとめると


・ステージのドSキャラとは裏腹に素顔はおっとりキャラ

・好奇心旺盛な清純派小悪魔

・古風な雰囲気を醸しつつ、いまどきな感性を持ち合わせている

・オヤジ転がしのテクニシャン



といった感じでしょうか。


アーバンギャルドのよこたん、ハナエちゃんに並び、ステージでSキャラが様になる三大乙女系シンガーの一角を担うのが今回お会いしたコムアイさんだと個人的に思っているのですが、そんな共演が実現したら、見ている方は自分の中のMキャラが目覚めてしまうんじゃないかな… と思います。


鹿の解体に1ヶ月のキューバ旅行と、インディーズ界のミステリーハンター的なアクティブさも併せ持つ現役女子大生のコムアイさん。これからも探究心の赴くままに数多くの経験を積んで、より魅力的な小悪魔になってください。


さて、そんな彼女の所属する水曜日のカンパネラ、今後のスケジュールは

9/2@新宿ロフト「KABUKICHO BASS IDOLS!!」(共演:BELLRING少女ハート、エレクトリックリボン)

9/5@サラヴァ東京(共演:AZUMA HITOMI、他)

9/11@恵比寿BATICA「ALTEC VOICE & Namy」(共演:草薙ゆかり、日下 奈央美、他)

9/14@アルプス公園「りんご音楽祭2013」初日出演

9/16@新宿ロフト「EXTRA!!! vol.3」(共演:クロミクロニクル、JaccaPop、大森靖子とピンクトカレフ)

9/20@高円寺HIGH「SOME CANDY TALKING」(共演:Broken Doll、Ruby*、あいかわもも)

9/24@渋谷 CHELSEA HOTEL「innocent,innovate.」(共演:27HATANANA 、 The POALO、 リリーローズ、他)

9/30@渋谷 O-nest「電子の少女」(共演:Maika Leboutet、Her Ghost Friend、ぽわん、予感システム)


と、盛りだくさん。


また、10月9日にはミニアルバム「羅生門」がリリース決定。




■ 8月14日発売『水曜日のカンパネラdemo3』告知映像



現在、先行シングル「水曜日のカンパネラdemo3」がタワレコの限定店舗で発売中。100円で2曲入りという破格のプライス。ぜひ、お手にとってみてはいかがでしょうか。


水曜日のカンパネラ オフィシャルサイト