とろ~りクリーミー「謝甜記」の4時間煮込んだお粥が絶品!

2016/3/19 10:00 Tamy Tamy


横浜に住んでいても中華街は特別な場所です。あの中国独特の牌楼(門)を抜けると異文化の街が広がり、何度行ってもワクワクします。

北京料理、四川料理、点心、飲茶など様々なお店がありますが、今回ご紹介するのは中華粥の名店、謝甜記(しゃてんき)です。





行列が出来る人気店ですが、最近二号店が出来たので客足が分散し、以前ほど待つ事もなくなりました。こちらのお粥は、生米を鶏1羽、乾燥貝柱、乾燥牡蠣と一緒に4時間かけて煮込んでいます。

病気の時に口にするサラサラしたお粥とは違い、とろ~りとポタージュスープのようなクリーミーさがあり、旨味とコクが優しく広がります。お粥の上にのった揚げパンも、良い仕事をしてくれます。





一品料理はどれも美味しく、ザーサイや揚げ餃子、ピータン、シュウマイや春巻きなど、そのまま頂いたり、お粥に入れて新しい味を発見したりして楽しめます。お店の方お勧めの梅味噌を付けていただく唐揚げは絶品です。

熱々なお粥の後は、キンと冷えた杏仁豆腐を頂いてしめるのが私流です。

さて、横浜媽祖廟では、3月20日(日)に開廟10周年を祝う「媽祖祭(まそさい)」が開催されます。お神輿巡行が行われ、華やかな春のお祭りになるのだそうです。中華街におでかけの際は、謝甜記のお粥を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

Tamy


謝甜記(しゃてんき)
http://www.shatenki-nigouten.co.jp