【これは凄い】何でもトリュフ味に!「トリュフオイル」が調味料として楽しすぎる!

2015/11/30 18:39 大住 有 大住 有


世界三大珍味といえば「トリュフ」「フォアグラ」「キャビア」。

そんな三大珍味の1つである「トリュフ」味が手軽に味わえてしまう魔法の調味料をご存知でしょうか。

その調味料の名は「トリュフオイル」。



(MARINI これは白トリュフオイル。黒トリュフより香り強め)

こんな小瓶なのに蓋を開けたらあふれ出るトリュフ臭!


香りが強すぎて瓶を直接嗅ぐとガソリンスタンドみたいな匂いがします(褒め言葉です)

その香りの強さゆえに色んな料理にホンの1垂らしするだけで、


どんな料理もトリュフ味になる脅威の調味料


です。

まあ正確には味はほぼしないですが、味を感じるくらいの強烈な香りです。


いつものオムレツにトリュフオイルを1垂らしするだけで、オシャレなビストロやレストランで出てくるトリュフオムレツに変身!


(卵2個、牛乳、塩、胡椒にトリュフオイル1垂らし)



(バターで半熟に炒めて)



(完成 まとめるの下手ですいません…)

画像だと伝わらないのが悔しいくらい部屋の中がトリュフの香りに包まれております。


味はもちろん最高


ふわふわトロリとした優しい味のオムレツから香るトリュフの豊かな香り!

本場だとトリュフの保存してある容器に卵も一緒に保存しておいて、卵にトリュフの香りだけ移したもので作ったりする手法もあるそうですが、直接トリュフを刻んで入れたりしていないので、口当たりはあくまでフワトロ、そんな上品な仕上がりのオムレツになります。

で、せっかくなんで、私大住が試した中でオムレツ以外のオススメの使い方など紹介!


▼トリュフ卵かけご飯



最高


そりゃトリュフオムレツが美味しいんだからマズイわけないよね。

ご飯で温まったトロトロの生卵。
醤油の旨味。
そしてただよう濃厚なトリュフ香!


新たな扉を開いてしまった感がある料理になりました。
ちなみにトリュフの味の主張が強くて、ちょっと醤油と合わないなと思った人は、ホンの少しだけ牛乳を足してみてください


(本当にちょっとだけ)

牛乳がつなぎとなって味が丸くなりトリュフと醤油が馴染みます。
味がかなり優しくなってしまうので、ほんとこれは好み次第です。



▼トリュフじゃがバター





最強

溶けたバターとトリュフの香りがホクホクのジャガイモに最高にあいます!!

ジャガイモをレンジでチンするだけでこの高級感。
意外とバターがこってりと感じ、トリュフの香りもキツイので食べごたえがあり、おつまみなどに最適。


もしトリュフオイルを手に入れたら、


いや手に入れなくても1度絶対に試して欲しい食べ方です。



▼トリュフカルボナーラ



チーズと卵とトリュフの香りが渾然一体となってああああああ!

至福!!

冷凍のカルボナーラに粉チーズと胡椒とトリュフオイルを加えるだけでレストランのパスタの味!



▼総論

何種類か試したんですが、卵、乳製品、ジャガイモと抜群にあいます。

トンコツラーメンに垂らしたりしても結構いけました(たぶんクリーミーな感じが乳製品に似てる)。

まだ試していませんが、グラタンやホワイトシチューなんかも抜群に合うと思いますし、豚のソテー、あとベビーリーフなどの青菜のサラダのドレッシングに少し混ぜるなどしても美味しく使えそうです。


こんな素晴らしいトリュフオイルのお値段ですが、


55mlで2千円ちょいと実にお手軽なお値段です


「高いよ!」と思われるかもしれませんが、実質「香料」のように使うので各料理に使うのはホンの1垂らし程度なのでこの量でもかなり保ちます。

たまには贅沢してリッチな香りを日常に取り入れたりしてみてはいかがでしょうか。
(ネットで探すともっと安いのもあります。頑張って探してください)



●おまけ


ポテチの袋の中に直接垂らして



全力で振って食べたら、スゴく高級感あるポテチになってて笑えた。

まだまだ色々遊べそうです。



(いまトピ編集部 大住)