おいしそう!雪や氷が作り出したお菓子みたいな自然現象5選

2015/2/10 13:10 フレネシ フレネシ



こんにちは、フレネシです。

もう花粉が飛び始めているというのに、まだまだ寒い2月半ば。残り少ない冬を満喫できそうな、雪や氷が作り出した、ちょっと「おいしそう」な自然現象を集めてみました。



●おいしそう!お菓子みたいな冬限定の自然現象5選

■ 雪のドーナツ


↑まるでドーナツ!



↑2014年1月28日付のデイリーニュースによると、アメリカはペンシルバニア州オイルシティに出現したものだとか。

ドーナツというよりは、「もろこし輪太郎」っぽくもあるかも?



↑ちなみに、この駄菓子です。



↑なお、日本の雪国では、「雪まくり」や「雪俵」と呼ばれています。



↑くるくると何層にもなっていて、こちらはロールケーキのようですね。



■ 霜の飴細工


↑フロストフラワー。まるでアメ細工のよう。



↑細やかな繊維状。絹の糸を巻きつけたかのようです。



↑中国の伝統菓子、ロンシュータンっぽい。



■ 氷のゴーフレット


↑北欧、北米の湖、川などで発生する薄い円盤状の氷。



↑直径が何メートルにも及ぶ大きなサイズのものも。乗ったら割れてしまいそうです。



↑ゆっくり回転しています。



■ 氷のパンケーキ


↑バルト海では、こんな現象も。溶けた氷が互いにぶつかり合い、徐々に丸くなるようです。このラフなふんわりした形状、まさにアイスパンケーキ。



■ 氷のトリュフ


↑ミシガン湖で発見された無数の氷のボール。ラフな球体はまるで粉砂糖をかけたトリュフチョコレート。



↑動画で見るとなかなかの迫力です。割れた氷がぶつかり合ううちにこのような球体になったのだとか。



さて、いかがでしたか?

気候や気温など、さまざまな条件が揃った場合に現れる珍しい現象も含む、こうした雪や氷の彫刻たち。実際に目にすることができたら、それはとってもラッキーなことですね。