南波志帆、いま話題のアソコ!?でゾンビと遭遇☆

2015/1/23 11:00 xxx of WONDER(オブ・ワンダー) xxx of WONDER(オブ・ワンダー)



みなさん、こんにちは。
xxx of WONDERのボーカル担当 南波志帆です☆

みなさん、あけましておめでとうございました!2015年もよろしくお願いいたします!

先日、お正月旅行で長崎ハウステンボスへ行って参りました。



(なんてロマンティック。)


近年では、光の王国として、イルミネーションが世界的にも有名なハウステンボスですが、



(川にもLED。とても幻想的な風景。)


なんと、ハウステンボスの中には「スリラー・ファンタジー・ミュージアム」と呼ばれるあらゆる怖いものに特化した、お化け屋敷だらけの街があるのです!ひゅー、斬新!


(噂のスリラー・ファンタジー・ミュージアム。結構広い。)


その中には、私の大好きなゾンビのアトラクションも…!
みつけた瞬間に人目も気にせず、思わず叫んでしまいましたね。テンションMAXです。

そのアトラクションの名は「SURVIVOR FROM THE ”ZOMBIE Lab”」。

キャストさん曰く、スリラー・ファンタジー・ミュージアム内でいちばん怖いと言われているアトラクションだそう!

期待しかありません…!

いざ、出陣っ!!



(まずは早速ゾンビポーズ。顔も寄せてみました。笑)


このゲームは、日本初!拡張現実(AR)技術によるデジタルホラーアトラクション。タブレット端末をもって、暗闇の中、謎のウイルスに感染したゾンビの巣食う研究所を調査していくという、ウォークスルー型アトラクションです。
謎を解き明かしながら様々なアイテムをゲットし、閉じ込められている博士を救出しなければなりません。ゾクゾクしますね…。

今までの画面を撃つだけの日々に飽きていた私には、とても刺激的な内容。

まるで、バイオハザードの主役アリスになった気持ちで、先頭を戦闘モードでずいずいずいっと突き進みました。

驚いたことにセットが本格的!ゾンビ映画の中でよく見ていた、あの憧れの風景に胸が高鳴ります。
そして、仕掛けも実に細かい。感動の連続です。

あとはひたすらに、ゾンビを撃ちまくってました。ああ、なんて楽しい時間なの。
無事に任務を終え、脱出した時にはうっとり。南波は恍惚の表情を浮かべておりましたとさ。めでたしめでたし。



(こんなに楽しいゾンビゲームは初めてでした。)


余談ですが、スリラー・ファンタジー・ミュージアム内に唯一あるごはん屋さんが「ペッパーランチダイナー」というステーキ屋さんなのが、完全に確信犯だなと思いました。笑
色々と想像力が膨らみますね、最高です。ハウステンボス、超イケてる。

最後に、もしスリラー・ファンタジー・ミュージアムに行った際は、ぜったいにミュージアム内のお手洗いにいってみてくださいね☆
「実はいちばん怖かったのはお手洗いだったのではないか…」、とふと思った南波なのでした。



(お手洗いの前でパチリ☆案の定、捕まりました。)


いかがでしたか?
長崎ハウステンボス、恋人といくのもよし、家族でいくのもよし、仲のいい友達といくのもよし!
そこには、めくるめく、非日常 of WONDERが広がっていますよ。
楽しげな現実逃避にはもってこいです。

個人的には、ゾンビが大好きだと改めて実感した、実りあるお正月休みでした。2015年も愛していくことを、ここに誓います。ゾンビラブ!!

(ライター:南波志帆/xxx of WONDER)