2016/1/19 23:48

木村拓哉、Iさん側の弁護士と会うことすらしなかった

いまトピ

メリー喜多川副社長との「確執」があったSMAPの育ての親である女性チーフマネジャー・Iさんは、昨年夏ごろから大手芸能事務所関係者のバックアップを得て5人との独立を探り、Iさん側の弁護士とメンバー一人ひとりが面談したというが、そのうち稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は独立に賛同。中居正広は態度を保留し、木村拓哉は妻で歌手、工藤静香の説得もあり、弁護士と会うことすらしなかったと、「産経ニュース」が報じている。

【SMAP解散協議】騒動に新事実!中居は弁護士との面談で態度保留していた(1/3ページ) - 産経ニュース【SMAP解散協議】騒動に新事実!中居は弁護士との面談で態度保留していた(1/3ページ) - 産経ニュース

編集者:いまトピ編集部