2022/12/4 18:59

稲垣吾郎、自宅デートに誘った元アイドルが不倫女優へ「都内歌舞伎町のラボホ密会を激写」

盗撮

元SMAP、稲垣吾郎は、グループ時代に俳優として最も早く結果を出した。13歳で芸能界に入り、15歳で朝ドラと映画に出演。メンバーイチ多忙になり、元来口数が多くないことから、リーダーの中居正広からは「女好き」「整形してる」というキャラを付けられた。高校は、アイドルのタマゴたちが多い堀越学園。芸能活動コース(現・トレイトコース)に進んだ。同級生に深津絵里、夏川りみ、クラスメイトに高橋由美子がいた。高橋は、「20世紀最後の正統派アイドル」というキャッチフレーズがつけられた美少女。高校卒業後の95年、W主演で連続ドラマ「最高の恋人」(テレビ朝日系)で共演。幼くして事故で両親を亡くした二人暮らしの兄妹を演じた。稲垣は、高校もクラスも、さらにレコード会社まで同じだった“同志”と作品で再会できたことに、縁と運命を感じた。淡い恋心も抱いたため、ドラマ撮影時に「かわいい犬を飼っているから、家に見にこない?」とガチで誘っている。高橋といえば、40歳を過ぎたあたりから毒舌・酒豪にキャラ変。44歳のときには、妻子ある実業家と都内歌舞伎町のラボホ密会を激写されて、清純派アイドルから不倫女優に一転した。男性はのちに離婚して、高橋とゴールイン。“吾郎のオンナ”は、略奪婚という意外な形で人妻となったと、デイリーニュースオンラインが報じた。

稲垣吾郎が自宅デートに誘った元アイドルが不倫女優に変貌(1ページ目) - デイリーニュースオンライン稲垣吾郎が自宅デートに誘った元アイドルが不倫女優に変貌(1ページ目) - デイリーニュースオンライン

編集者:いまトピ編集部