2022/11/21 13:29

【打ち切り】降板は8月下旬に決まっていた…スキャンダルもゼロ、「年収3億円は堅い」

札束

日本テレビが、一部女性誌が報じた朝の情報場組『スッキリ』の打ち切り報道に頭を抱えていたといい、その理由は、加藤浩次と共に番組MCを務める岩田絵里奈アナを気遣っていたためだという。

「実は、岩田アナには『スッキリ』打ち切りを伝えていなかったんです。12月の忘年会の後に正式に話をする段取りになっていた。加藤の降板は8月下旬に決まっていた。番組打ち切りは10月に決まった話ですね。岩田アナにしたら何も話を聞かされていないため、不安になってしまうわけです。今後、自分はどうなるのか…と」(編成関係者)

今春以降、桝太一、佐藤義朗、久野静香の各アナが日テレを去っており、同局が何よりも恐れているのが、岩田アナのフリーへの転身だという。

そんな矢先に『スッキリ』の打ち切り話が先行して報じられたが、日テレがメインの加藤よりも岩田アナを気遣う理由は、水卜麻美アナの後継者と目されているからに他ならない。制作関係者は

「女優志望だった岩田アナは俳優の堤真一の大ファンなんです。彼女の希望を叶える形でドラマ『ファーストペンギン!』第1話に登場させた。その後も本人の強い希望があり、今度は第6話にもアナウンサー役で出演することが決定した。岩田アナが出演した時の方が番組視聴率分計がグ〜ンと跳ね上がる。彼女のご機嫌も取れるし、一石二鳥ですよ」

と話す。

岩田アナが一局員でありながら芸能人並みのVIP待遇を受けるのは、一にも二にもタレント顔負けの人気にあるようで、

「潜在視聴率は8.8%を誇り、局アナの中でもダントツの人気なんです。下半身スキャンダルもゼロですから。しかも、岩田アナはスタッフや共演者からの評判がすこぶるいい。今回の『スッキリ』打ち切り報道を受けて非公式の内に岩田アナに接触しているプロダクションがいくつも出てきているんです。フリーになれば、年収3億円は堅いそうですから」(事情通)

とのこと。

岩田アナが『スッキリ』以外に抱えているレギュラー番組は『世界まる見え!テレビ特捜部』、『沸騰ワード10』の2本のみだが、日テレ消息筋は

「日テレはフリー転身を阻止するため、『スッキリ』の後番組のMCを任せる話が浮上している。彼女は密かに水卜をライバル視している。日テレサイドは岩田のプライドをくすぐる作戦です」

と話していると「週刊実話WEB」が報じている。

岩田絵理奈アナフリー転身へ!? 『スッキリ』打ち切りで日テレも焦りの“VIP待遇”岩田絵理奈アナフリー転身へ!? 『スッキリ』打ち切りで日テレも焦りの“VIP待遇”

編集者:いまトピ編集部