2022/11/20 18:28

関ジャニ∞、炎上「パクリ」批判受けて、大倉忠義がメッセージ

お辞儀

関ジャニ∞が12月17日~来年1月15日にかけて福岡・愛知・東京・大阪で開催するドームツアー「関ジャニ∞ 冬のドームLIVE 18祭」の公式グッズであるペンライト(ペンラ)をめぐり、関ジャニ∞と嵐のファンが衝突するなど物議を醸している。
オフィシャルグッズが今月17日より販売が開始される中、もっとも注目されたのが「ERライト」なるペンライトだった。通常のペンライトは1500円前後だが、ERライトは税込4500円と高額。
その理由は「制御型ペンライト」だからのようで、事前にスマートフォン用アプリ「Live App+」のダウンロードと設定をすることでライブ中に運営側の演出に連動した色で光るのだという。

この仕様が判明するとファンがざわつき、SNSを中心に波紋が広がった。基本的にジャニーズのグループには各自にメンバーカラー(メンカラ)があり、多くのファンは推しのメンカラでペンライトを点灯させて応援する。しかし、ERライトは運営側の演出によって色が制御されるため、メンカラ以外の色になってしまうことに難色を示すファンが相次いだのだ。
さらに、一部の関ジャニ∞ファンの批判の矛先はなぜか嵐に向けられることに。というのも、ジャニーズでは嵐が2014年のコンサートで制御型ペンライトをいち早く取り入れており、ステージの演出・構成を手がける松本潤が導入したものとされているからだ。一部の関ジャニ∞ファンが「人権無視ペンラ」「松潤が持ち込んだせいで」などと揶揄すると、それに嵐ファンが「関ジャニ∞が嵐のペンラをパクった」といった反撃をし、激しいバトルが展開された。

こうした騒ぎを受けてか、関ジャニ∞の大倉忠義は17日にジャニーズ公式モバイルサイト「Johnny’s web」の個人ブログ「Oclub」を更新。「過去に販売したペンライトを使っても大丈夫」「ERライトも完全に制御されるわけではなく色が変えられる」と説明し、最後に「嵐に敬意を込めて、関ジャニらしく楽しい景色をお届けします」と嵐ファンにも配慮したメッセージを寄せたと日刊サイゾーは報じた。

関ジャニ∞、コンサートグッズが炎上?「嵐のパクり」批判受けて大倉忠義がメッセージ|日刊サイゾー 関ジャニ∞、コンサートグッズが炎上?「嵐のパクり」批判受けて大倉忠義がメッセージ|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部