2022/11/14 09:25

【烈火のごとく激怒へ...】ジャニーズ「次なる脱退・退所」

泣く

ジャニーズ事務所が10日、同日発売の「『週刊文春』(文芸春秋)の記事内容に対して法的措置を検討していることを明かしたと、各スポーツ紙が報じた。
「以前からそうだったが、ジャニーズは所属タレントのことを書かれてもよほどのことがないと騒がないが、創業者のジャニー喜多川氏、その姉のメリー喜多川氏、そしてジュリー氏と創業家一族のことを書かれると烈火のごとく激怒することで知られていた。そして、社長が〝文春砲〟をくらってしまってはさすがに黙っていられなかったようで、子飼いのスポーツ紙を使って文春を牽制。翌週以降のジュリー氏に関する記事の掲載をストップさせようというのが狙いのようだが、事務所や関係各所からの内部告発もあるというだけに、記事は止まらないだろう」(芸能記者)キンプリといえば、ファンクラブの会員数は推定で嵐の300万人に次ぐ94万人を抱えていると言われているが、グループは存続するものの、メンバーの中で人気ナンバーワンの平野の脱退によりかなり会員数を減らすことになりどうだが、どうやら、次なる脱退&&退所者が出そうなのがあのグループだというのだ。

「Kis-My-Ft2です。メンバーのうち、このところ優遇されいるのは藤ヶ谷太輔と玉森裕太だけで、ほかの5人のメンバーは以前から現状に不満と募らせています。以前は、元SMAPのチーフマネジャーで現在、『新しい地図』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾を率いる飯島三智氏がマネジメントを手掛け、藤ヶ谷、玉森、そして北山宏光をソロでの活動も積極的にさせるなどプッシュ。ソロではなかなか厳しい残りのメンバー4人を音楽ユニット・舞祭組(ブサイク)として中居正広にプロデュースさせうまく売り出していた。ところが、飯島氏が去ってからは事務所は藤ヶ谷と玉森ばかりプッシュ。グループとしては、東京ドーム公演の集客に苦戦するほど。なので、遅かれ早かれ5人はジャニーズを退所して『新しい地図』の3人と合流することになりそうだ。もともと、飯島氏はSeyx ZoneとA.B.C-Zも手掛けていただけに、両グループからも離脱者が出るかもしれない」(テレビ局関係者)と、日刊サイゾー が報じた。

ジャニーズから次なる脱退&退所!? ささやかれる“CDデビュー済みのグループ”|日刊サイゾー ジャニーズから次なる脱退&退所!? ささやかれる“CDデビュー済みのグループ”|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部