2022/9/30 18:33

明石家さんま、19年ぶりの共演「なに大人になってんねん」共演者も驚きの関係

スーツ

これまで数々の功績を残してきたお笑いリビングレジェンド・明石家さんまが、かつて共演した元子役と感動的な再会を果たし、話題を呼んでいる。9月27日、和製『ザ・フー』の呼び声が高い世界的バンド『OKAMOTO’S』のドラム担当・オカモトレイジが『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。そこまでテレビ出演は多くないが、さんまに話を振られるなり「お久しぶりです」と挨拶。さんまも「なに大人になってんねん(笑)」と笑顔を見せるなど、互いに気心知れた様子を見せる。
「オカモトレイジは、実は子役として活動していた経歴があり、『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)では5歳から中学までの8年間にもわたり、さんまと共演していたのです。2人の共演は、なんとこれが19年ぶりとのこと。その意外な関係に、共演者も驚いていました」(芸能ライター)
5歳でさんまと共演していたレイジも、現在では4歳の子どもを持つ父親に。自身がテレビに出ていた時と変わらない年齢に、「信じられないなって。5歳児がテレビに出てるって。どうやって成立してたんだろうって…」と当時の自分を振り返った。これにさんまは、自分の腕を叩きながら「これやな」とMCの手腕であることをアピール。スタジオは笑いに包まれ、微笑ましい再会になっていったと、まいじつが報じた。

明石家さんまが“元子役バンドマン”と19年ぶり共演「信じられないなって」 - まいじつ明石家さんまが“元子役バンドマン”と19年ぶり共演「信じられないなって」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部