2022/9/26 08:00

NHK朝ドラ『ちむどんどん』黒島結菜が、かわいそう…「こいつは黙らせるべき」「見ているだけでイヤな気持ちになる」

悲しい

こんな演技を強いられるとは、本人が納得していたのか大いに疑問なところだろう。放送中のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」にて、ヒロインの青柳暢子(黒島結菜)が2回にわたって異常な行動を見せ、視聴者を呆れさせた。

9月21日放送の第118回では、沖縄やんばる地方の比嘉家で催されている食事会に砂川智(前田公輝)が遅れて到着。なぜかジャケットで正装しており、どうやら比嘉歌子(上白石萌歌)にプロポーズする決意を胸に秘めてきた様子だ。

いよいよその時が来たかと思われた瞬間、暢子がとんでもない行動に出たのである。

「智の視線が歌子に釘付けになっていることにも気づかず、暢子は智に詰め寄っては、約束のゆし豆腐を持参しなかったことをなじります」(芸能ライター)

そんな暢子の態度に多くの視聴者は呆れかえることに。<こいつは黙らせるべき><見ているだけでイヤな気持ちになる>といった厳しい言葉が続出していた。さらにはそれらの批判が、暢子を演じる黒島自身に対しても<不快な演技>といった批判として浴びせられていたのである。

身勝手な言動にまみれたヒロインを演じさせられる黒島が、その批判を我が身に受けるのはあまりに気の毒で、筋違いというものだろうと、asageiMUSEが報じている。

【ちむどんどん】黒島結菜はもはや被害者!お粗末なコメディ演技の“強要”に「かわいそう」の声も | asageiMUSE【ちむどんどん】黒島結菜はもはや被害者!お粗末なコメディ演技の“強要”に「かわいそう」の声も | asageiMUSE

編集者:いまトピ編集部