2022/9/24 14:20

やめてやめて! マジさむい!今期最低の『最終回』まとまらなくて脚本がやけくそ「意味が分からん」

NG

9月21日、橋本愛の主演ドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)の第10話・最終回が放送された。〝また〟最終回が放り投げられたと話題になっている。

根津寅子(橋本)は「どんな志望校も合格率100%! しかも授業料はお任せ!」という伝説の家庭教師。最終回では、これまで冷たい空気を放っていた寅子が超キャラ変。そこら辺の人間と同じになり下がってしまい、うまく問題解決ができない、人に気を遣って決断力が鈍ってしまう、人並みに感動して涙…といった姿を見せた。
そして最後のシーンでは、これまで寅子と出会った人々がそれぞれ、空に向かって「トラコー!」と叫んで終わり。特に寅子は死んだわけでもなく、北海道に転勤しただけだ。
視聴者からは

《どうしてこうなった…》
《はぁ!? やめてやめて! マジさむい! なんか恥ずかしいドラマ…》
《意味が分からん》
《どうした、なんか最終回まとまらなくて脚本がやけくそになってない?》
《今のところ、今期最低最終回》
といった呆れ声が殺到しているとまいじつは報じた。

『家庭教師のトラコ』最終回がクソ過ぎて台無し「どうしてこうなった…」 - まいじつ『家庭教師のトラコ』最終回がクソ過ぎて台無し「どうしてこうなった…」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部