2022/9/22 19:43

米倉涼子との密会現場に、妻が乗り込み…香川照之のようなトラブルは「考えられない」

デート

12年に逝去した十八代目・中村勘三郎(享年57)。

数々の女性をメロメロにしていく勘三郎は、06年3月に米倉涼子(47)との密会現場に妻の好江さんが乗り込んだことが報じられる。が、報道陣の前で「俺の大好きな後輩(海老蔵)とつきあって嫁さんになろうとしていた人だよ。俺がつきあうわけがない。奥さんだって知ってます」とリップサービスを含めて言い訳し、騒動を鎮火させた。

椎名林檎(43)の時は周囲の人に『俺はこの子が大好きなんだ』と話し、石川さゆり(64)には『俺たちもっと早く出会っていればよかったね』と、キザな台詞を大マジメに吐いたり。とにかく女性にモテまくりだった。

告別式には祇園の芸者から銀座のクラブのママやホステス、かつて恋仲が報じられた大竹しのぶ(65)や牧瀬里穂(50)、宮沢りえ、椎名林檎など、約1万2000人が参列。

梨園関係者は、酒席での勘三郎を「とにかく酒の場では人を不快にさせないのがモットーでした。サービス精神が旺盛で、香川照之のようなトラブルなんて考えられませんよ。会見での口上も天下一品でしたし、関係者の間でつい〝勘三郎待望論〟が出るのも無理はありません」と評しているとアサ芸ビズが報じた。

香川照之に聞かせたい「中村勘三郎伝説」(3)告別式に恋仲女優がずらり参列  |  Asagei Biz-アサ芸ビズ香川照之に聞かせたい「中村勘三郎伝説」(3)告別式に恋仲女優がずらり参列 | Asagei Biz-アサ芸ビズ

編集者:いまトピ編集部