2022/9/20 13:23

「皆様本当にありがとうございました」ユニホームを脱いでビキニブリーフ一枚、「最悪です」

驚愕

20日までに、ボディービルダーでタレントの横川尚隆(28)が自身のインスタグラムを更新。19日に京セラドーム大阪で行われたプロ野球「オリックス対ソフトバンク」の特別始球式に登場したことを報告した。

横川は当日、マウンド付近でユニホームを脱いでビキニブリーフ一枚となるパフォーマンスで場内を盛り上げていたといい、「京セラドームで行われたオリックスvsソフトバンク戦で始球式をやらせていただきました 大好きな野球 夢が叶った」と喜びの思いをつづり、「ほんとうに幸せでした 選手の皆様、関係者の皆様、球場におられた皆様、野球ファンの皆様本当にありがとうございました 幸せです!!幸せな人生でした」と感謝のコメントを記したという。

横川は19年日本ボディービル選手権で優勝の実績を持ち、マウンドでは筋骨隆々の肉体を披露。注目の一球は捕手を大きく越える大暴投となったが、球速は132キロを計測。さすがのスピードボールに球場は再び大いに沸いていたとのこと。

事前に「スーパーマッチョボールを投げます」と宣言していた横川だったが、暴投に「最悪です。悔しいです。マメがつぶれるくらい練習したんですけど。肩の筋肉が大きすぎてテークバックができない。球速は最低でも130キロと思っていたんで良かったんですけど。大暴投になってそこがオレなんだな」と自虐的なコメントをしながらも貴重な体験に笑顔だったと「エンタナビ」が報じている。

横川尚隆、マッチョ始球式に球場どよめき「なんちゅー筋肉!」「リアル刃牙」球速は132キロ! | エンタナビ横川尚隆、マッチョ始球式に球場どよめき「なんちゅー筋肉!」「リアル刃牙」球速は132キロ! | エンタナビ

編集者:いまトピ編集部