2022/9/14 18:06

降板を深く後悔か「復帰を望む声はない」番組のイメージは大きく変わり...降板したことを悔しがっているのでは

疲労

川崎麻世は番組の放送を忸怩たる思いで見ているのではないだろうか。その番組とは「路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦」(テレビ東京系)。9月14日の「水バラ」(テレビ東京系)で第9弾が放送されるこの陣取り合戦は、実は川崎が初回のチームリーダーを務めていた。
ところが、川崎は第2弾で出演を辞退してしまう。理由は舞台のリハーサルを優先したいから、でした。本番ならまだしも稽古を優先して出演しなかったのである。第2弾の冒頭で理由を聞かされた太川は苦笑いするしかなかった。
川崎に代わって第2弾からチームリーダーを務めたのはA.B.C-Zの河合郁人。河合はその後、太川のライバルとして視聴者の高い評価を得ている。河合が成長した今となっては、川崎の復帰を望む声はない。

テレビ誌ライターは、

「川崎が起用された当時はまだ『テレ東の旅番組に出るのは旬を過ぎたタレント』という認識が残っていました。もしかすると、川崎はそういう『あの人は今』的なタレント扱いされるのがイヤで、出演に乗り気ではなかったのではないか。
ところがテレ東旅番組ではその後、千原ジュニアが『タクシー乗り継ぎ旅』で人気を博し、ジャニーズタレントの河合のほか、『かまいたち』や『ぺこぱ』など人気の旬のお笑い芸人も出演。イメージは大きく変わりました。今頃、川崎は降板したことを悔しがっているのではないでしょうか」
と話しているとアサ芸プラスは報じた。

川崎麻世が深く後悔!?「バス旅陣取り合戦」初代リーダー「降板」までの裏ドラマ | アサ芸プラス川崎麻世が深く後悔!?「バス旅陣取り合戦」初代リーダー「降板」までの裏ドラマ | アサ芸プラス

編集者:いまトピ編集部