2022/9/13 21:22

『くりぃむナンタラ』浮かない顔でギブアップ!くりぃむ・有田、もう無視「なんで出たんだ」「ミスキャスト」

有田

9月11日放送の『くりぃむナンタラ』(テレビ朝日系)に、着々と仕事の幅を広げつつあるタレントの井上咲楽が出演。しかし、今回のキャスティングがミスマッチだとして、中高年の視聴者から厳しい声が上がっている。先行・有田チームの『くりぃむしちゅー』有田哲平が『光GENJI』の『パラダイス銀河』を、大友は松田聖子の『青い珊瑚礁』を自信満々に歌い上げる。しかし、井上は手拍子を打ちながら、浮かない顔を見せていた。『Mr.Children』の『名もなき詩』を振られたところで、「あ~わからない!」とギブアップし、近藤にバトンタッチ。

再びバトンが渡され、『I WiSH』の『明日への扉』を歌うことになった際も降参し、近藤が連続で熱唱した。

『SPEED』の『Body & Soul』や綾香の『I believe』が流れた際にもステージに上がることはなく、「さっぱりでした…」とコメントを残し、MCの山里亮太は「咲楽ちゃんこれは痛いな…救うっていうことだったのに~」、有田からは「もう無視しよう、今回は!」とイジられたのだった。
《ミスキャスト感 何なら歌えるんだw》
《賑やかしだったら相手に遠藤いるんだし狩野英孝でよくない?》
《さくらちゃんここでは輝けないな 残念》
《SPEED知らないのか 逆になんの曲ならわかるの?》
《音楽番組とか全く見ないんだろうなぁ なんで出たんだろう》
《そもそもサブスクとかで色々な曲が聴ける時代に育ってるもんね》
《周りも松田聖子とかSPEED知らない子が多いわ》
《サビは知ってるけどAメロBメロ聴いてもわかんない曲かなりあったし、井上咲楽ちゃんと同じくらいのレベルだった》
《昔の曲聴かないの分かる、サビがちゃんと歌えるほど曲を聴き込む世代じゃないっしょ》

との声が上がっていた、とまいじつが報じた。

井上咲楽“平成の名曲”知らず…くりぃむ有田も呆れ「もう無視しよう」 - まいじつ井上咲楽“平成の名曲”知らず…くりぃむ有田も呆れ「もう無視しよう」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部