2022/9/2 13:02

『相棒』『オールドルーキー』に出演、妻の元超人気女優はパッとせず「オファーがない」必死の売り込みか

女性

今年3月でテレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『相棒』を卒業した俳優の反町隆史だが、4月から放送されたWOWOWのドラマ『今どきの若いモンは』で主演を務め、現在放送中のTBS系ドラマ『オールドルーキー』にも出演するなど、仕事は順調だという。

夫の仕事が好調な一方、妻の松嶋菜々子はパッとしないようで、今年1月期のテレビ朝日系ドラマ『となりのチカラ』に出演したものの、以降は出演作が発表されていない。

「2人いる娘さんのうち、長女はすでに留学しており、次女も留学予定。セレブ一家とはいえ、2人も同時に留学させるのは大変なこと。松嶋さん本人は、仕事のオファーを待ち望んでいるそうですが、相場よりもギャラが高く、事務所もそれを譲歩しないので、なかなかオファーがない」(TBS関係者)

かつての松嶋は、主演したフジテレビ系月9ドラマ『やまとなでしこ』(2000年)の大ヒットで〝ドラマ女王〟の名をほしいままに。反町との結婚後は、2人の子どもの出産・育児に専念してから仕事復帰。日本テレビ系『家政婦のミタ』(11年)のヒットで再ブレークを果たしているが、芸能プロ関係者によると、

「その『ミタ』の脚本を手掛けた遊川和彦氏が手掛ける橋本愛主演のドラマ『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)は視聴率が絶不調。そこで菜々子は、遊川氏に自らコンタクトを取って『何の役でもやります!』と売り込んでいるようだ。旧知のプロデューサーにも売り込みをかけているようだから、必死さが伝わってくる」

とのこと。

『家政婦のミタ』の続編をやればヒットは確実だが、遊川氏の作品は視聴率が惨敗続きで実現しそうにないといい、同・関係者は

「ここまでくれば、『ミタ』をオマージュしてシリーズ化されている『家政婦のミタゾノ』(テレビ朝日系)で、主演のTOKIO・松岡昌宏との共演を菜々子にオファーしても快諾してくれるかもしれないよ」

と話していると「週刊実話WEB」が報じている。

松嶋菜々子、ドラマオファー激減で必死の売り込み!? “あの問題作”への出演も検討中松嶋菜々子、ドラマオファー激減で必死の売り込み!? “あの問題作”への出演も検討中

編集者:いまトピ編集部