2022/8/20 13:15

ジャンプの頂点は…映画『ONE PIECE』大ヒットするも、やっぱりか「コンテンツとしての底力が全く違う」

びっくり

歴代『週刊少年ジャンプ』作品の中でも、『ドラゴンボール』と『ONE PIECE』は国民的漫画と呼ばれるに相応しい作品だろう。

8月6日から劇場公開が始まった「ONE PIECE FILM RED」は、僅か10日間で観客動員数500万人超、興行収入70億円を突破したことが明らかに。一方で6月11日に公開された映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は、約1カ月で興行収入20億円突破という結果に。観客動員数も154万人程度で、「ONE PIECE」との差は明らかである。

最新映画の成績だけで言えば『ONE PIECE』が勝っているのですが、5月11日に発表された『バンダイナムコホールディングス』の2022年3月期通期決算では、主要IP別の売上高で『ドラゴンボール』が1276億円、『ONE PIECE』が441億円と差は歴然。映画の敗北をものともしない、圧倒的な売り上げの「ドラゴンボール」。これにネット上では、

《やっぱりドラゴンボールの人気は凄い!》
《ジャンプの王はドラゴンボールでいいよね?》
《ワンピとはコンテンツとしての底力が全く違うわ》
《ちなみにドラゴンボールはブロリーの時から売上をほぼ落としてないみたいだね。マジで強すぎないか?》

などの反響コメントで溢れ返っているとまいじつは報じた。

ジャンプの頂点はドラゴンボール? 映画『ONE PIECE』大ヒットも… - まいじつジャンプの頂点はドラゴンボール? 映画『ONE PIECE』大ヒットも… - まいじつ

編集者:いまトピ編集部