2022/8/18 07:57

イベント中に不審者が「一生忘れることはできない」恐怖がトラウマに「ショッキングな映像」

事件

突然の不審者による急接近は本人にとっても若干のトラウマになっているのかもしれない。ユーチューバー・HIKAKINが8月16日、自身のYouTubeチャンネルからライブ配信を行い、8月14日のイベントで起きた事件を振り返った。

同日、HIKAKINは代々木競技場にて開催されたゲームイベント「オールスター大運動会」の見届け人として、MC席に座っていた。途中、傘を持った男性がHIKAKINに近寄り、無理やり肩を組むと、ピンマイクを奪い取って喋り出すといったトラブルが発生。男性は駆け付けたスタッフによって会場から連れ出されたが、イベントの警備体制の緩さを指摘する声が相次ぐことに。

この突然の“接触事件”の後、HIKAKINはツイッターから「わたくしヒカキン、ケガなど一切なく、無事でした。メンタル的な部分に関しても大丈夫です」と報告。ネットでは事件の一部始終を捉えた動画が拡散されており、「ショッキングな映像が流れてしまい申し訳ありません。ご心配ありがとうございます」と綴っていた。

精神的なダメージはないとしていたHIKAKINだが、8月16日のYouTube生配信では「正直、一生忘れることはできないかな。目には焼き付いたかなって感じはあるんですけど」と当時の恐怖がトラウマになっていると示唆。

「僕ももちろんゾッとしましたけど。いいことではないですが、これをきっかけに物騒な事件とかが起きてしまわないように、皆さんが気をつけるとか、僕みたいにエンタメに携わる方が気をつけるように、きっかけになって被害者が減ったらいいなと思います」と、今後の警備改善を図る機会になってほしいと指摘。イベントを共同開催した所属事務所・UUUMは安全面において「重要な課題として喫緊の対策が必要」と発表しているが、HIKAKINも「僕らとしましても課題が見つかった部分もありますので、そこを徹底して改善とかしていくとは思うんですが、幸いなことに本当に怪我人がいなくてよかったということですね」と胸を撫でおろした。とアサジョは報じた。

HIKAKIN、不審者との“接触事件”に「ゾッとしました」「一生忘れることはできない」と吐露 – アサジョHIKAKIN、不審者との“接触事件”に「ゾッとしました」「一生忘れることはできない」と吐露 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部