2022/8/12 08:21

SMAP解散後…よくそんなことが言えるな、激怒「あの言葉は本当に消せない」「公の場で発するべきではなかった」

明石家さんまAmazon

元SMAPのメンバーらと共演する機会が少ないのは、木村拓哉と会いすぎているから? お笑いタレント・明石家さんまが、中居正広、香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎との距離感について言及した。
1995年から2015年まではクリスマス特番「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」(日本テレビ系)で長く共演していたが、2016年の解散後は木村以外のメンバーから「なんか気を遣われて」と距離感を覚えるというさんま。「俺、SMAP全体と仲よかったからね。番組ずっとやってたから」「だから、SMAPのメンバーに会いたいとかはあるんですけど、中居も全然会ってないんですよ。なんかの気遣いなのか。草なぎくんと吾郎ちゃんにも会ってないんですけどね。木村に会いすぎてるから、みんな気遣うのかなぁ? そんな気遣いいらんのに。同じ仲間やしね。ともに来た戦友たちやからな」と吐露。
しかし、SMAPファンからは『よくそんなことが言えるな』『無責任な発言』とのツッコミが相次ぐことに。というのも、SMAPがメンバー内の分裂疑惑報道や解散騒動に揺れていた真っ只中の2016年8月放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、さんまは共演者から『中居派かキムタク派か、どっちなんですか?』と聞かれると、『派閥でいくと、はっきり言うわ。俺、木村派や』と断言。さらに、解散の真相についても、当時は木村と香取の対立が激化していたとの報道が盛んに取り沙汰されていたが、さんまは『(週刊誌の記事通りで)ほぼ間違いないと思うよ』とぶっちゃけ。ネットでは
『あの言葉は本当に消せない』
『溝を作ってしまったのはさんまさんの発言に原因があったように感じます。ほかのメンバーと仲よくしたい気持ちがあったなら、ゴタゴタの真っ只中に“俺は木村派”みたいなことを公の場で発するべきではなかったのでは』
などの声が上がっているとアサジョが報じた。

明石家さんま「SMAP全体と仲よかった」発言にブーイング!ファンが忘れない「あの言葉」 – アサジョ明石家さんま「SMAP全体と仲よかった」発言にブーイング!ファンが忘れない「あの言葉」 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部