2022/8/7 15:08

『ミヤネ屋』勢いが止まらない!批判報道で…「ミヤネ屋とゴゴスマの差がどんどん広がってる」「ゴゴスマよりミヤネ屋を選ぶ日が来るとは」

モーニング

民放各局が視聴率争いを繰り広げている、平日昼の情報番組に〝異変〟が起きている。ここ数年、視聴率低迷が続いていた宮根誠司が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が大躍進している。

テレビ業界関係者は「ズバリ、〝旧統一教会問題〟ですよ」「『ミヤネ屋』は、全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士や、ジャーナリストの有田芳生氏を招聘し、教会に対して、かなり綿密な取材をかけています。これが視聴者の注目を集め、一気に視聴率がアップしたのです」と話している。

『ミヤネ屋』の視聴率は6月に比べて平均で3ポイントも上昇。ライバルの『ゴゴスマ』を抜き去ることに成功した。

SNS上には「#ミヤネ屋頑張れ」のハッシュタグと共に、
《ゴゴスマよりミヤネ屋を選ぶ日が来るとは…》
《私も初めてミヤネさんの番組、本気で観ていますよ。今までは、時間の無駄使いだと思っていました。頑張れミヤネ屋さん》
《ミヤネ屋とゴゴスマの差がどんどん広がってるな。もうゴゴスマに勝ち目ないんじゃない?》
《旧統一教会の報道は、ミヤネ屋さんが1番の真摯です。朝の情報番組も忖度が見られますが、ミヤネ屋さんは違う。頑張ってこの問題の本質を国民に知らしめて下さい》
《ミヤネ屋で旧統一教会の被害相談が増えて来ていることについて「報道した意義があった」と言っていたが、これこそ報道人が目指すべき言葉ではないのか》
といった多くのエールが番組に送られているとまいじつが報じた。

『ミヤネ屋』の勢いが止まらない!“統一教会”批判報道で『ゴゴスマ』に逆転 - まいじつ『ミヤネ屋』の勢いが止まらない!“統一教会”批判報道で『ゴゴスマ』に逆転 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部