2022/8/4 13:11

激震『24時間テレビ』、緊急事態「間に合わなくなる」

絶望

8月27日から28日にかけて『24時間テレビ 愛は地球を救う』の放送を控えている日本テレビ。

そんな中、ニュース番組『news every.』でメインキャスターを務める藤井貴彦アナ、朝の情報番組『ZIP!』で総合司会を担当する水卜麻美アナなど、多くの番組を担当している人気アナウンサーたちが次々と新型コロナウイルスに感染、自宅療養を余儀なくされており、激震が走っているという。

「日本テレビでは、藤井アナや水卜アナなど帯番組を持っているアナウンサーは、移動も専用のタクシーや社用車にするなど、徹底的なコロナ対策をしてきた。他の社員となるべく接触しないように、アナウンスルームや社員食堂など、人が集まる場所にも立ち寄らないようにしていたそうです。それでも感染してしまったことで、本人たちもショックを受けているみたいですね」(芸能関係者)

緊急事態は今も続いているといい、日本テレビ関係者は

「藤井アナも水卜アナもメインMCだったため、打ち合わせも多く、濃厚接触者となる可能性が高いスタッフも多く出ている。現場は混乱していますが、なんとか放送は続けている状態。実は、レギュラー放送よりも深刻な事態も発生している。水卜アナは、『24時間テレビ』で事前に収録が必要なVTRへの出演も多く、今回のコロナ感染でスケジュールが大幅に変更となっているんです。もしかしたら、間に合わなくなるVTR企画も出るのではないかと現場は焦っています」

と話す。

さらに、エースアナウンサー2人の感染は、『24時間テレビ』の開催自体にも大きな影響を与えているといい、同関係者によると

「もはや、日本テレビの局内で誰が感染してもおかしくない状況。今年は3年ぶりに〝有観客〟となりますが、社内からも見直すべきではないかいう声が出始めているようです。応募抽選での観覧ですが、会場となるのは両国国技館。換気が十分にされたとしても、クラスター発生の危険性も高い。もし、そんな事になったらCMスポンサーからのクレームは必至です」

とのこと。「週刊実話WEB」が報じている。

『24時間テレビ』緊急事態!主力アナがコロナ感染で「有観客」開催見直しか…『24時間テレビ』緊急事態!主力アナがコロナ感染で「有観客」開催見直しか…

編集者:いまトピ編集部