2022/8/3 18:00

ドラマ『六本木クラス』歴代最高、『ドクターX』高視聴率より…

竹内涼真

竹内涼真の主演ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)が、なんだかんだで大ヒット・大成功となっているようだ。

7月7日放送の初回の世帯平均視聴率は9.6%。第2話以降は、8.6%、7.0%、8.1%と推移。『ドクターX~外科医・大門未知子~』など、高視聴率ドラマを輩出しているテレ朝の木曜ドラマ枠としては、寂しい数字になっている。

しかし動画配信サービス『TVer』では、『六本木クラス』の7月期連続ドラマ初回の無料見逃し配信再生回数が、274万回(ビデオリサーチ調べ)で全局トップ、そしてテレビ朝日歴代最高となった。

今回の『六本木クラス』成功はテレ朝にとって、『ドクターX』で高視聴率を獲得するより価値があるという。芸能記者は「テレ朝の木曜ドラマ枠は確かに視聴率がいいですが、それは高齢者向けの無難な作品、例えば医療モノ、刑事モノを量産しているからです。それと比べると、『六本木クラス』は明らかに若者向け。この作品で結果を残すことは、テレ朝木曜ドラマ枠に今までの視聴者層と違う、若者を取り込むチャンスでもあるのです」と話しているとまいじつが報じた。

『六本木クラス』が今期の覇権ドラマ? 視聴率は低くても大成功の理由 - まいじつ『六本木クラス』が今期の覇権ドラマ? 視聴率は低くても大成功の理由 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部