2022/8/2 19:17

長澤まさみ『モテキ2』で、限界突破か

長澤まさみ

浮き沈みの激しい芸能界。その中でも強敵ライバルひしめく三十路半ばの女優たちにとっては、その競争こそが艶露出への後押しになっている。まずは吉高由里子、34歳。彼女は大物三十路女優の中でも、最も期待できるナンバーワンだ。
「出世作となった2008年の映画『蛇にピアス』では、当時、無名だった吉高がいきなりの主演抜擢。フルオープンの絡みまで見せて度肝を抜きました」(映画ライター)
今年に入ってからも吉高は大忙し。5月11日には、24年放送予定のNHK大河ドラマ『光る君へ』の主演も決定。同ドラマは『源氏物語』の作者である紫式部にスポットを当て、吉高は主人公の式部を演じる。
「脚本を手掛ける大石静氏がテーマとして掲げたのが、男と女の恋愛。〝戦がない時代。男性のエネルギーは女性に向かっていったのではないか〟と、吉高の濡れ場が大いに期待できそうなコメントを発表したのです」(テレビ雑誌記者)
対する長澤まさみ、35歳。映画界でも今やトップ級の存在。今年、大ヒットした映画『シン・ウルトラマン』を筆頭に、9月公開予定の『百花』、来年公開の『ロストケア』など、いずれもヒロインだ。
「長澤というと11年公開の映画『モテキ』が代表作。キスを迫るシーンや、屋外濡れ場など〝エロティック艶技〟で話題になった。元来、セクシー演技ができる女優です。今、密かにウワサされるのは『モテキ2』の製作なんですよ」(女性誌記者)
ライバル対決の盛り上がりで限界突破してくれることを祈ろうと、週刊実話WEBが報じた。

吉高由里子VS長澤まさみ“ライバル対決”盛り上がりで「艶露出」限界突破へ!?吉高由里子VS長澤まさみ“ライバル対決”盛り上がりで「艶露出」限界突破へ!?

編集者:いまトピ編集部