2022/8/1 07:26

『さんま御殿』下着スケスケ放送事故か「これ放送していいの?」「おいおい見えてないか」

驚き

薄着になりがちな夏。薄着になりすぎて服が透けてしまうようなハプニングは避けたいところ。女性タレントなら特にそうだろう。

これは2020年3月3日に放送された『踊る!さんま御殿!!』でのハプニングだ。新春2時間スペシャルで「男と女」「話題の人」がテーマだった。

ハプニングは、2019年の『女芸人No.1決定戦 THE W』で優勝した女性お笑いトリオ『3時のヒロイン』かなでに起こった。

この日、かなでは緑色のセーターに薄い生地のピンク色のワンピースという「ゆるふわ系」の衣装で出演していたのだが、放送直後からネットで「かなでのスカートやばくない?」といった声が相次いでいたのだ。

彼女の股間部分からは黒い下着のようなものがずっと透けて見えており、視聴者は「おいおい、かなでのパンツ見えてないか?」「これ放送していいの?」「放送事故?」と心配していた。

しばらくして、かなでに話題を振った明石家さんまは、かなでのスケスケの衣装に注目し「おい!お前それパンツ透けていないか?」と誰もが思っていたことをツッコんだ。
 
するとかなではスっと立ち上がり「透けてないですよ!」と怒り出し、黒い下着のようなものが股ずれ防止のスパッツであることをさんまに説明した。

さんまの指摘以来、かなでは「スケスケ衣装」でテレビには出演していないようだ。さんまの言いつけを守っているのだろうと、リアルライブが報じている。

【放送事故伝説】「さんま御殿」出演者のスカートがスケスケに!? | リアルライブ【放送事故伝説】「さんま御殿」出演者のスカートがスケスケに!? | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部