2022/8/1 06:57

長澤まさみ「とても意味があることだと思います」新境地か

長澤まさみ

女優の長澤まさみが10月期の月10ドラマ「エルピス‐希望、あるいは災い‐」(フジテレビ系)で主演を務めることが明らかになり、大きな話題になっている。

長澤といえば、「コンフィデンスマンJP」シリーズが映画化され、いずれも大ヒット。木村拓哉が主演を務める映画「マスカレード」シリーズでもヒロインを務め、さらにはデビュー20周年の年に公開された映画「MOTHER/マザー」では、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、日本を代表する女優の1人だ。そんな長澤が久々の連ドラ主演に今作を選んだのにはワケがあるという。

「女優としてすでに大きな成功を手に入れた長澤も現在35歳。今後の女優人生を考えた場合、今作のような復活劇は、とても意味があることだと思います。木村も、2017年の主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』以来、2019年の『グランメゾン東京』(ともにTBS系)、そして今年の『未来への10カウント』(テレビ朝日系)といずれも復活劇を演じて称賛を浴びました。今作で長澤も女優としての新境地を切り拓きたいところです」(女性誌記者)

長澤の復活劇も木村同様、成功を収めることができるのかと、アサジョが報じている。

4年半ぶり!35歳・長澤まさみが連ドラ復活を遂げた「木村拓哉方式」 – アサジョ4年半ぶり!35歳・長澤まさみが連ドラ復活を遂げた「木村拓哉方式」 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部