2022/6/29 14:21

休止を報告、批判殺到「物事を最後まで成し遂げることができない印象」「中田英寿さんとは違う」

中田英寿Amazon

靴職人、画家、俳優など、マルチな活動を続けてきた花田優一は6月21日、自身の公式ブログにて「自分の人生と向き合い、何を証明すべきなのかと試行錯誤する中で2022年でお客様からのご注文を受け、靴を製作するという日々を一度、休止させていただくことに致しました」と綴り、靴の受注を休止することを報告していた。
6月26日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演した花田は「ネットニュースでまたいろいろと言われちゃったんですけど、“辞める”と言ってるわけではなくて、靴職人は続けるんですが、お客さまの注文を受けて作っていく日々って、時間と労力がすごくかかる。なので一度、受注を止めて、勉強したり、研究したりとか、人生の土台の基盤を盤石にするために新しいビジネスに挑戦したりとか、そういう時間に費やそうかなと思っています」と語った。
ネットでは相変わらず厳しい反応が占めることに。
『自分の実力では靴職人では儲けられないと言ったらいいのに』
『一つの物事を最後まで成し遂げることができない印象がとても強い』
『中田英寿さんと違うっていうのは当たり前であって、あなたとは違い、飽き性でもないし、やり遂げてから行動をしてる』
『中田さんは既にサッカー選手として、普通の人にはできないことを成し遂げています』
などの声が上がっていると アサジョが報じた。

花田優一、「中田英寿さんみたいなことでは…」、靴職人休止の説明に再批判! – アサジョ花田優一、「中田英寿さんみたいなことでは…」、靴職人休止の説明に再批判! – アサジョ

編集者:いまトピ編集部