2022/6/25 13:28

ナメてる、クソっぷりが話題に「1兆円の不明金」怒りは計り知れない…

怒り

輸入物価の上がる円安が続き、企業や家計にも影響が出てきた昨今。国民は苦境に立たされているが、日本政府から具体的な救いの手はない。その上、あろうことか「コロナ予備費」「東京五輪経費」にて、多額の〝使途不明金〟があることが発覚。

賛否を集めながらも、昨年に開催された『東京オリンピック・パラリンピック』。多くの国民に感動を与えた大会の費用は総額約1兆4530億円とされているが、この内、組織委員会が負担した4割超の使用用途は不明だという。

このニュースを報じた『毎日新聞』によると、組織委員会は6月下旬に解散するとのこと。国を上げた行事の顛末としては、あまりにお粗末ではないだろうか…。

この件に関して、ネット上では、

《五輪大会経費1兆4530億円の透明性が担保されないままトンズラ。巨額を投じられたクールジャパンも失敗。政府は責任を取らない》
《1兆とか数百億の公金がじゃんじゃん消えていく「美しい国日本」》
《五輪経費といい、安倍政権以降何も説明しないまま、闇から闇への暗黒日本》
《美しい国、日本。用途不明な金は全て上級国民様のふところに入りましたとさ。今後、夏季冬季問わず、五輪の時期になると東京2020のクソっぷりが話題になると思うとたまらない》

などといった批判が殺到している。最近、12兆円にのぼる「コロナ予備費」の内、11兆円が使途不明金だと判明したこともあり、国民の怒りは計り知れない。一般企業であれば考えられない状況だが、これがまかり通ってしまうのが現在の日本だ。

世界3位の経済大国ともてはやされてきた日本だが、それはもう過去の話。一部の上級国民だけが甘い蜜を吸い、1億総貧困の未来が迫ってきているのかもしれないとまいじつは報じた。

日本政府は国民をナメてる? 1兆円規模の使途不明金を生み出す美しい国 - まいじつ日本政府は国民をナメてる? 1兆円規模の使途不明金を生み出す美しい国 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部