2022/6/24 11:04

泉ピン子、このまま芸能界で孤立か、虚偽発言に衝撃

泉ピン子

6月16日と翌週23日発売の「週刊新潮」(新潮社)が2週にわたり、泉ピン子の“虚言”について報じている。2021年4月に死去した脚本家・橋田壽賀子さんが手がけた連続テレビ小説『おしん』(NHK)や『渡る世間は鬼ばかり』シリーズ(TBS系)などに出演し、プライベートでは橋田さんを「ママ」と呼ぶなど、深い親交があったことで知られるピン子。
しかし、6月2日に行われた記者会見では、橋田さんの葬儀が『35万円』と激安だったこと、また、自身が豪華客船『飛鳥II』で、橋田さんのお骨を海に散骨する予定であることを告白。同16日には、所属事務所を通じて、実際に散骨を終えたことを報告していた。
ところが、同日発売の「新潮」によれば、葬儀を安く済ませたということはなく、橋田さんが設立した一般社団法人「橋田文化財団」も、これを否定したそう。またピン子は橋田さんの遺骨について、火葬の際に「特別に分けてもらった」と語っているが、同23日発売の同誌では、全て四国にある橋田家の菩提寺に納められているとし、「そもそもピン子さんは遺骨を持っていない」という橋田さんの関係者の反論も掲載されている。
しかし、ピン子は昨年12月発売の『文藝春秋』(文藝春秋)のインタビューでも『お骨になったママを見たらもう止まらなくなって』『気づいたらお骨を食べていた』など、衝撃エピソードを明かしていたとサイゾーウーマンが報じた。

泉ピン子、橋田壽賀子さんの散骨報告は“虚偽”!? 「お骨を食べた」「日記燃やした」発言にも疑惑(2022/06/23 12:20)|サイゾーウーマン泉ピン子、橋田壽賀子さんの散骨報告は“虚偽”!? 「お骨を食べた」「日記燃やした」発言にも疑惑(2022/06/23 12:20)|サイゾーウーマン

編集者:いまトピ編集部