2022/6/23 07:21

「何がダサいの」再現VTRが物議「症状を悪化させるだけでは」『世界仰天ニュース』物議

怒り

6月21日に放送された日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』の再現VTRが物議を醸している。

この日の『仰天ニュース』は「密かに苦しんだ芸人SP」と題し、難病の「特発性大腿骨頭壊死症」と診断された芸人・千原ジュニアの闘病エピソードを、再現VTRを交えて紹介した。

ジュニアは2020年の暮れ、走っている途中に右股関節を痛め、しばらくして病院に行ったところ、股関節の一部が壊死していることが判明。しばらく投薬治療で様子を見ることにし、医師からは日常生活で杖を使い生活することを勧められた。

だがジュニアは悲壮感が漂ってしまい他人から心配されることを嫌がり、病気を妻以外には伝えずに過ごすことを決意。

だが、股関節の炎症は日に日に増していき、痛みに耐えかねたジュニアは杖を使って日常生活を送ることを決意した。

決意した晩、ジュニアは妻に「街で見かけた格好いい杖を買いたい」とショックを隠し強気に振る舞った。だがこのとき、妻から「杖が格好いいって、めっちゃダサい」「病気を受け入れている感がある」と言われてしまい、それ以来ジュニアは家以外で杖を使わずに生活することを決めた。テレビ局では足を引きずりながら移動し「収録中に眠くなってはいけないから」と処方された薬も飲まなかったという。

これらの証言が再現VTRとして放送されたのだが、ネットではジュニアの妻役の女性が口にした「杖が格好いいって、めっちゃダサい」との言葉が物議を醸すことになった。

ネットでは「杖を使う事の何がダサいの?」「医師は杖を使う事を薦めていたのに?」「開き直ってる感じが嫌だったのかな?」「それは病状を悪化させるだけでは?」といった投稿が多く見られた。

感動のエピソードだったのだが、演出が分かりづらかったため視聴者から「妻のアドバイスで手術が遅れた」と取られかねない内容になったようだ。とリアルライブは報じた。

『仰天ニュース』難病告白の千原ジュニア、再現VTRが物議?「病状を悪化させるだけでは」疑問の声も | リアルライブ『仰天ニュース』難病告白の千原ジュニア、再現VTRが物議?「病状を悪化させるだけでは」疑問の声も | リアルライブ

編集者:いまトピ編集部