2022/6/21 17:14

Sexy Zone菊池風磨の父「盗作トラブル」か

絶望

嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』の作詞を手がけ(J&T名義)、Sexy Zone・菊池風磨の父としても知られるシンガーソングライター・菊池常利氏に「盗作トラブル」が発生したという。

被害者であるロックバンド『スキップカウズ』のHPによると、今年5月26日、菊池氏がbayfm(ベイエフエム)『Song of Japan』の自身のコーナー内で、『思い出ガソリン』という、スキップカウズの『想い出ガソリン』に酷似した曲をオンエアしたところ、この曲を聴いたリスナーがスキップカウズ側に「何か関係があるのか」と報告、問い合わせしてきたとのこと。

スキップカウズのボーカル・イマヤスがbayfmに問い合わせし、bayfmから菊池氏へと連絡。菊池氏はここで『思い出ガソリン』(2015)が、スキップカウズの『想い出ガソリン』(2013)に酷似していると確認したようだ。

その後、菊池氏は番組内と自身のHPで謝罪。6月5日にHPに掲載された謝罪コメントによると、『思い出ガソリン』は「他の作家の方から提供されたもの」だといい、「詳細まではしっかり把握出来ておりませんでした」という。

菊池氏はまた、「この件につきまして先日、イマヤスさん、エンドウ(スキップカウズのギタリスト)さんにお時間いただき直接お会いして謝罪を申し伝えました。二度とこのようなことがないよう徹底していく所存でございます」「改めましてこの度は、スキップカウズの皆様およびファンの皆様に大変ご迷惑をおかけ致しましたことを心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。また、菊池常利を応援してくれているファンの皆様、ご心配おかけしまして 申し訳ございませんでした」とコメントしている。

菊池氏に『思い出ガソリン』を提供した作家については、現時点でまったく不明となっており、まだ事の真相は不明のままだが、スキップカウズはHPの中で「“作家”にも会う段取りを付けている最中です。ご心配されている方もいると思いますが、この先も事実の解明はできる限りしていく予定なのでご安心ください。また、報告します!」とつづっていると「エンタナビ」が報じている。

嵐『A・RA・SHI』作詞者でSexy Zone・菊池風磨の父、菊池常利に「盗作トラブル」か | エンタナビ嵐『A・RA・SHI』作詞者でSexy Zone・菊池風磨の父、菊池常利に「盗作トラブル」か | エンタナビ

編集者:いまトピ編集部