2022/6/20 09:48

「経験不足としても酷すぎ」怒り増大、批判相次ぎ...ようやく登録へ「物議を醸すほど不可解」

野球

2019年のプロ入りから野手としてプレーしていたが、今季は投手としても2試合で起用されていたプロ4年目・22歳の根尾昂。立浪和義監督の意向で投手に本格転向することを複数メディアが報じると13日夜~14日早朝にかけ、ネット上のファンを騒然とさせた。「プロ入りからまともに投げて無いのに急にやらせるのはおかしい」などと批判も相次いでいるというのだ。

立浪監督は福留を二軍降格とはせずに代打起用を継続したが、交流戦が終了した6月12日終了時点で「23打数1安打(.043)」と一向に結果は出ず、「0割打者をいつまで使う気だ」、「わざと負けようとしてる?」とファンの怒りも日に日に増大。こうした声もあってか、翌13日にようやく登録を抹消している。
今季は就任1年目だが、「経験不足としても酷すぎる」と物議を醸すほど不可解な選手起用が頻発している立浪監督。中でも根尾の投手転向は断トツで波紋を広げているが、本人やチームにどのような結果をもたらすのだろうか、とデイリーニュースオンラインが報じた。

(0ページ目)中日・立浪監督に「経験不足としても酷すぎる」絶望の声 不可解起用を連発、根尾投手転向にも批判相次ぐ - デイリーニュースオンライン(0ページ目)中日・立浪監督に「経験不足としても酷すぎる」絶望の声 不可解起用を連発、根尾投手転向にも批判相次ぐ - デイリーニュースオンライン

編集者:いまトピ編集部