2022/6/9 13:03

有村架純、中村倫也にアプローチか…所属事務所が激怒した過去、菅田将暉には相手にされず

有村架純

7月スタートのTBS系金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』で、俳優の中村倫也とW主演をつとめる有村架純。

そんな有村だが、2017年にNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインに抜擢されてブレークし、その後も18年の『中学聖日記』(TBS系)、20年の『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ)と主演ドラマが続くも、視聴率では苦戦しているという。

「演技が一本調子で、どの役をやっても同じように見えてしまうんですよね。それでも、今年WOWOWでドラマ版が放送され、映画版も公開された『前科者』では保護司の役を熱演。女優としてひと皮むけた印象があったので、今回のドラマの演技に期待したいところですね」(同・スタッフ)

昨年公開された菅田将暉とのW主演映画『花束みたいな恋をした』もヒットし、演技も評価されたが、芸能記者によると

「ただ、現実にはほとんど浮いた話がない。共演した菅田に熱を上げていたという噂もあったが、菅田はその後に結婚した小松菜奈に夢中で相手にされなかったようだ。しかも、人気力士・明生と〝いい仲になれるかも〟といった程度の報道に、所属事務所が激怒して法的措置までチラつかせましたからね。徹底ガードしすぎて、本人も諦めムードなんじゃないか。リアルな恋をしないと、女優としての成長は望めないと思うんですが…」

とのこと。

今回のドラマで共演する中村と、番宣のついでに真剣交際に発展する可能性について同記者は、

「確かに、中村も独身で浮いた話もありませんからね。可能性はゼロじゃない。有村は、今回のドラマで視聴率が取れなければ、しばらく主演作は回ってこないことも理解しているでしょうから、話題作りのために積極的にアプローチするかもしれませんね」

と話していると「まいじつ」が報じている。

有村架純が共演者・中村倫也に積極アプローチ?“捨て身”の話題作りが必要なワケ有村架純が共演者・中村倫也に積極アプローチ?“捨て身”の話題作りが必要なワケ

編集者:いまトピ編集部