2022/5/28 17:01

たびたび「不貞行為」も、イメージダウンもほぼなし「きわめて珍しい」人気芸人、俳優から絶大な信頼を得ている

びっくり

芸能人にとって、不貞はリスクでしかない。芸能活動を自粛、違約金が発生することもあり、一定期間は表舞台から姿を消すことが多い。だが、まれにその後の芸能活動にまったく支障をきたさない者もいる。板尾創路はそんなひとりだ。
0歳だった94年に、当時中学生の女子に対し不適切な行為をしたとして逮捕されている。その女子が別件で補導され、取り調べで板尾とも関係を持ったことを話して明るみに出た。板尾は女子が18歳以上だと主張した言葉を信じて関係を持ったため、被害者でもあった。罰金30万円を払い、およそ8カ月間謹慎して復帰した。
98年に一般女性と結婚したあとも、週刊誌にたびたび“婚外恋愛”が暴かれた。
その3年後には、28歳の一般女性と再び不貞騒動。しかし前回と異なり、ツイッターのDMを通じて連絡をしたのは板尾のほうから。
「生々しい行為をきっぱりと認めたせいか、後追い報道や芸人がイジることなく、黙殺に近い形で終息しました。板尾さんのイメージダウンもほぼなかったきわめて珍しいパターンです」と週刊誌記者はいう。
ダウンタウンの松本人志や今田耕司、東野幸治や千原ジュニアほかあまたの人気芸人、俳優から絶大な信頼を得ている板尾。生き抜く知恵がスキャンダルを上回った好例といえようとアサ芸ビズは報じた。

芸人の不貞騒動続出の中、干されなかった板尾創路の生存戦略がすごい  |  Asagei Biz-アサ芸ビズ芸人の不貞騒動続出の中、干されなかった板尾創路の生存戦略がすごい | Asagei Biz-アサ芸ビズ

編集者:いまトピ編集部