2022/5/27 10:06

ドラマ放送中に妊娠を発表「降板の相談までしていた」松坂桃李、菅田将暉らの…

菅田将暉

5月14日に事務所移籍を発表した女優の清野菜名。11年間所属していた前事務所のステッカーから、松坂桃李や菅田将暉らが所属する大手トップコートへの移籍の背景には、ある女優が関わっていたという。
清野の移籍発表時に噂されたのは、映画監督の園子温氏の〝性加害報道〟が発端になったのではないか、という憶測だった。〝清野も園監督と特別な関係なんじゃないか〟との風評被害にさらされ、たまらず大手に移籍したという話が回っていた。
俳優の生田斗真と結婚し、昨年10月期に主演をつとめたTBS系連続ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の放送中に妊娠を発表。今年3月に第1子を出産したばかりの清野だが、このドラマが移籍のきっかけになったと発売中の『女性自身』がスクープしているのだ。
妊娠中の撮影に不安を感じた清野は、ドラマの撮影が始まる前に、前事務所に降板の相談までしていたそう。しかし、話し合いの過程で認識にズレを感じることも多く、次第に事務所と距離をとるようになったという。
そんな中、ドラマで共演した木村佳乃に相談。育児と女優業を両立する木村から、彼女が所属するトップコートの待遇の良さを聞かされ、移籍を決断したと週刊実話webが報じた。

清野菜名の移籍に「あの女優」の影!? 仕事と育児を両立させるための決断か清野菜名の移籍に「あの女優」の影!? 仕事と育児を両立させるための決断か

編集者:いまトピ編集部