2022/5/26 16:51

NiziU、いよいよか『紅白歌合戦』2度出演も「とうの昔に終わった」「手を引く可能性」

NiziUAmazon

5月20日、『NHK紅白歌合戦』に2度出演している9人組ガールズグループ・NiziUが、初のアリーナツアー『NiziU Live with U 2022 “Light it Up”』を開催することを発表した。

しかし、音楽ライターは

「NiziUは、日本のソニーミュージックと韓国の芸能事務所・JYPエンターテインメントによる合同オーディション・プロジェクト『Nizi Project』から誕生。オーディションの模様が『スッキリ』(日本テレビ系)で2020年1月から不定期で特集され、コロナ禍が始まったこともあり注目度が急上昇していき、大反響を呼びました。同年6月26日にメンバー決定の回が配信されると、その4日後にデジタルミニアルバム『Make you happy』を発表。オーディションの最高潮から熱も冷めやらぬタイミングということもあって、女性アーティストとして初となる週間デジタルランキング3部門同時1位を初登場で達成するなど、ものすごい勢いを見せた。しかしこの手の企画は一発目がピークとなりやすく、やはり今は人気が落ち着いています。加えて、“競合”となるK-POPの女性グループもこの1~2年でKep1er、IVE、LE SSERAFIMを始め数多く登場しており、オーディションも乱立状態。“数あるグループの1組”として存在感は薄まる一方です」

と不安を口にしているといい、5月7~8日に韓国・ソウルで行われた『KCON 2022 Premiere』でのメディア報道も、

「NiziUは8日の韓国公演に出演。韓国でも知名度のある『紅白』に出場した日本のグループがついに韓国で初ステージを踏んだ形でしたが、現地ではまったくといっていいほど話題にならなかった。もともとあまり韓国受けがよくないとは指摘されていましたが、先んじて韓国での活動をスタートさせ、抜群の知名度を得ている宮脇咲良(LE SSERAFIM)とは、メディアの扱いが段違いでしたね」(前出・音楽ライター)

とのこと。

また、NiziU離れが起きているのは日本のメディアも同じだといい、テレビ関係者は

「これまで情報番組『スッキリ』などでNiziUをバックアップしてきた日本テレビでは、手を引くことが検討されているようです。同グループが稼げば稼ぐほど、日テレにも収益は入るという仕組みが出来上がっていたものの、熱が下がってしまっていることで旨味がなくなってしまった。オーディションは、デビューまでがやはり一番盛り上がる。Nizi Projectはすでにボーイズグループを作る第2弾のオーディションが始まってますし、日テレは昨年、7人組のボーイズグループ・BE:FIRSTを追いかける企画が大成功。今年はYOSHIKIのオーディションプロジェクトをサポートしている。NiziUは冠番組を持たせたものの、バラエティ適性が今のところまったくなく、2020年末に全5回、2021年末に全6回を放送したのみで終了。局内でも“NiziU押し”はとうの昔に終わった感覚のようです」

と話していると「日刊サイゾー 」が報じている。

“ピーク”過ぎたNiziU、日テレがいよいよ手を引き“蜜月”終了?|日刊サイゾー “ピーク”過ぎたNiziU、日テレがいよいよ手を引き“蜜月”終了?|日刊サイゾー

編集者:いまトピ編集部