2022/5/23 12:09

『IPPONグランプリ』忖度に不満の声「大悟の勝ちだったろ」「番組自体がオワコン化」

驚き

実力派芸人が集い、大喜利で勝者を決めるバラエティー番組『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)。5月21日の放送では千原ジュニアが優勝を収めたが、この結果に視聴者から不満の声が続出しているようだ。

決勝戦では、2対2の大接戦のまま最終問題へ。「『そんなとこギザギザにすな!』どこ?』というお題が出題され、大悟は志村けんさんの鉄板ギャグ「アイーン」の〝腕〟をギザギザにした回答を披露した。しかし一本を獲ることはできなかった。
後手のジュニアは、『ドラえもん』のスネ夫の〝口〟をギザギザにするというネタで一本を獲得し、見事に優勝を勝ち取るのだった。

ジュニアの優勝で終わった今回の大会。しかし、視聴者はこの結果に納得できなかったようで、

《大悟の方が面白かった。アイーンで一本でしょ! あと出しだったら絶対に大悟の勝ちだったろうに》
《IPPONグランプリ痛々しかったな。忖度を感じるTV番組はつまらない。アイーンで良かった》
《千原ジュニア全然面白くないのに、芸人たちが忖度でIPPONしてるから番組自体がオワコン化》
などの不満が続出している。

年功序列が厳しい芸人の世界だけあり、先輩のジュニアに軍配が上がってしまったのだろうかと、まいじつが報じている。

『IPPONグランプリ』千原ジュニアの優勝に疑問…「絶対に大悟の勝ち」 - まいじつ『IPPONグランプリ』千原ジュニアの優勝に疑問…「絶対に大悟の勝ち」 - まいじつ

編集者:いまトピ編集部